奈良美智の日々

浅瀬


今、この手元にある粘土の塊から、おぼろげに見える向こう岸。なんだか、大きな川を渡っている気分。水深は決して深くはないが、無遠慮に長々と続く浅瀬を歩いているようだ。深い深い水たまりから、延々と続く浅瀬にテレポーテーション。
by ynfoil | 2011-10-08 03:43 | 長久手日記 | Comments(0)