人気ブログランキング |

奈良美智の日々

僕の中の『鉄コン筋クリート』 (2007年ユリイカ1月号 松本大洋特集に寄稿)

『地図にない街』

1988年から12年間、僕はドイツという異国に住んでいた。その暮らしの4年目に電話をつけて、11年目にネットをつないだほど世の中に疎い生活だった。それでも日々の暮らしの中で日本のことを思わないことはなかった。ただ、想い出そうとするその風景は、重なる記憶に妄想が入り混じって、昨日見た風景を思い出すようにはいかない。そんな頃に出会ったのが「シロ」と「クロ」。そして彼らが住む「宝町」だった。その街並みは上京して初めて歩いた新宿のようだった。しょんべん横丁で定食を食って、高層ビルの間を吹き抜ける強い風に吹かれながら歩いた道。新宿ロフト前にはライブを待つパンクス達がたむろしていた。ネオンが溢れる歌舞伎町で補導される家出少女。南口ではいつも誰かがシンナーでラリってた。チンピラと警察の笑えるような追いかけっこ。「宝町」は僕の記憶の中にある町だった。実体験と妄想が入り混じった記憶の中の町。「鉄コン筋クリート」を読み始めた僕は、自然にその町の住人になっていた。

 『シロ?クロ?』

「シロ」と「クロ」、僕はそのどちらなのだろうと考え始める。けれども、自分は悪徳の町に押しつぶされそうな脇役だということに気づく。もちろん「シロ」も「クロ」も自分の中にいるのだろうけど、彼らがあまりにも純粋に「シロ」であり「クロ」であるために、実際の自分はヤクザの木村だったり刑事の沢田だったりする。いや、ヤクザにもなれなかった「チョコラ」こと「たけし」だ。彼は大人と子どもの間に位置していた。そして何かを「シロ」に「クロ」に託して町を去ったんだろうな。そう、きっと誰もが自分の中に「シロ」と「クロ」を住まわせながらも、彼らにはなれないんだ。けれども、彼ら2人を心の中に住まわせている僕らに比べて、彼ら自身はその一極づつで成り立っているがために苦しむ。両極に立つ2人でひとりの2人・・・。無垢で無害な「シロ」に対して、物理的な力が全てのような「クロ」には近づきがたい感がある。その逆という読者もいるのだろうけど、僕にとって「クロ」は得体の知れない怖さを持っていた。それでも一緒に居てほしい存在なのは確かだった。しかしながら、自分の中で「クロ」が増幅するのを僕は嫌がったし、かといって「シロ」に自分を重ね合わせるには、自分は充分大人に成長していると思った。それは物語の中の脇役たちが感じていた気持ちでもあるのだろう。

 『ソコカラナニガミエル?』

日本を遠く離れ「宝町」の中に空想で住み、彼らの後を追いながら僕はたくさんの絵を描くことができた。自分の中の「シロ」と「クロ」を見つめながら、彼らと対話した日々だった。毎日のように「ソコカラナニガミエル?」と自問した。「シロ」と「クロ」の物語は、僕にたくさんのものを見せてくれた。見えた分だけ絵にすることができた。彼らと、物語の作者である松本大洋氏に感謝している自分がいる。物語の最後に「ココカラ ミンナガ ミエルヨ。」って彼らは言う。その言葉は、むこうからこっちへの初めてのメッセージ。その時、初めて自分以外の多数の読者を意識した。そして僕の視点は己の内面から外へ向かって広がっていったんだ。

 『松本大洋という人』

ある雑誌の企画で松本さんとコラボレーションしたことがある。それは、2人で交互に絵を描きストーリーを考えてひとつの物語を完成させるというものだった。その内容についてはここではふれないけれど、その打ち合わせで初めて彼に会うことになり、お互いの住所を結んだ線の中間地点である下北沢で待ち合わせた。そこで僕たちは会い、もちろん打ち合わせをして、漫画や絵の話もしたし、いろんな話をした。今、その時の印象を思い出して文字にしようとしているのだけど・・・。彼は、彼の描く絵の登場人物のようでもあり、見上げる「宝町」の空のようでもあり、広角レンズで歪んだ俯瞰する街並みのようでもあった。具体的にどんな話をしたのかを思い出すのは難しいけれど、彼の描く絵を見ていると、そんなふうな彼が浮かんでくる。その後、コラボレーションのため何度かお互いにファックスでやりとりをして、その絵物語も無事完成したのだけれど、その時受信したファックスは「宝町」から送信されていた気がしてならない。


# by ynfoil | 2019-05-13 01:57 | | Comments(0)

親父ロック部 部活 2016年 5月ノ巻



5月1日放送 忌野清志郎特集


1  トランジスターラジオ / RCサクセション
2  僕の好きな先生 / RCサクセション
3  大きな春子ちゃん / RCサクセション
3  わかってもらえるさ / RCサクセション
4  君が僕を知ってる / RCサクセション
5  久保講堂ライブ1980年4月5日 MC(仲井戸麗一)
6  スローバラード(Live)/ RCサクセション
7  Dock of the Bay / Otis Redding
8  A Shell of A Woman / Doris Allen
9  いい事ばかりはありゃしない(Live) / RCサクセション
10 雨上がりの夜空に(Live)/ RCサクセション
11 悲しみをぶっとばせ / 仲井戸麗一
12 ラクに行こうぜ / 忌野清志郎
13 あの娘のレター / RCサクセション
14 サマータイム・ブルース / RCサクセション
15 激しい雨 / 忌野清志郎
16 17歳 / 南沙織
17 Oh! RADIO / 忌野清志郎


5月8日放送 Neil Young特集 その1

1. The Loner / Neil Young
2. Cinnamon Girl / Neil Young with Crazy Horse
3. Everybody knows this is nowhere / Neil Young with Crazy Horse
4. Down by the river / Neil Young with Crazy Horse
5. Tell me why / Neil Young
6. after the gold rush / Neil Young
7. Only love can break your heart / Neil Young
8. Don’t let it bring you down / Neil Young
9. See the sky about to rain / Neil Young
10. Heart of Gold / Neil Young
11. Alabama / Neil Young
12. Grave Concern / Graham Nash
13. Oh! Camil / Graham Nash
14. Walk on / Neil Young
15. Ambulance Blues / Neil Young
16. Don’t Cry No Tears / Neil Young
17. Imagine / Neil Young


5月15日放送 Neil Young特集 その2

1.Barstool Blues / Soul Asylum
2.Winter Long / Pixies
3.Where is my Mind / Pixies
4.Captain Kennedy / Nikki Sudden
5.I Miss You / Jacobites
6.Only Love can break your Heart / Florence and the Machine
7.Pocahontas / Johnny Cash
8.Heart of Gold / The Polyphonic Spree
9.Cinnamon Girl / Foo Fighters
10. After the Gold Rush / Thom Yorke
11. Tell Me Why / Radiohead
12. Tell Me Why / Neil Young
13. Tell Me Why / Norah Jones
14. Both Side Now / Joni Mitchell
15. Hey Hey, My My / Noel Gallagher
16. My My, Hey Hey / Neil Young
17. Thrasher / Neil Young
18. Keep on Rockin’ in the free world / Neil Young


5月22日放送 ボブ・ディラン特集 その1

1.You’re no good / Bob Dylan
2.Song for Woody / Bob Dylan
3.House of the Rising Sun / Bob Dylan
4.Blow in the Wind / Bob Dylan
5.Girl from the North Country / Bob Dylan
6.Girl from the North country / The Star Bugs
7.Don’t Think Twice, it’s All Right / Bob Dylan
8.The times, They are A-Changin’ / Bob Dylan
9.The times, They are A-Changin’ / The Star Bugs
10.The Lonesome Death of Hattie Carroll / Bob Dylan
11.My Back Pages / Bob Dylan
12.My Back Pages / The Byrds
13.Mr. Tambourine Man / Bob Dylan
14.It’s all over now, baby blue / Bob Dylan
15.Like a Rolling Stone / Bob Dylan
16.Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again / Bob Dylan
17.John Wesley Harding / Bob Dylan
18.All Along The Watchtower / Bob Dylan
19.Lay Lady Lay / Bob Dylan
20.Girl from the North Country / Bob Dylan with Johnny Cash


5月29日放送

1.Eve of Destruction / The Shy
2.Another Girl Another Planet / The Only Ones
3.Daydream Believer / The Monkeys
4.Golden Age of Rock ’n’ Roll / Motto the Hoople
5.Please Mr. Postman / The Marvelettes
6.Be my Baby / The Ronnetes
7.I'd Like To Teach The World To Sing / The New Seekers
8.Brand new Key / Melanie
9.99 Luftbaloon / Nena
10.Only You / YAZOO
11.Friday I’m in Love / The Cure
12.Debaser / Pixies
13.Another Girl Another Planet / Lower East Side Stitches
14.木綿のハンカチーフ / 太田裕美
15.2-4-6-8 Motorway / Tom Robinson Band
16.Boredom / Buzzcocks
17.Jet Boy / New York Dolls
18.Friction / Television
19.Stalingrad / Tom Verlaine
20.(White Man) In Hammersmith Palais / the Clash
21.Two Punks / The Mods
22.Street Fighting Man / The Mods
23.Kill the Poor / Dead Kennedys
24.für immer Punk / Die Goldenen Zitronen
# by ynfoil | 2016-06-12 21:49 | music | Comments(9)

親父ロック部 部活 2016年 4月ノ巻

渋谷親父ロック部

4月3日放送 第一回!


1.Nobody’s fool / Dan Penn
2.Saint Bartholomew / Andwella
3.Something on your Mind / Karen Dalton
4.Mississippi Water / Larry McNeely
5.Southbound Train / Crosby & Nash
6.American Dreamer / Gene Clark
7.明日なき世界 / RCサクセション
8.Eve of Destruction / P.F.Sloan
9.Eve of Destruction / The Turtles
10.Nobody’s Child / Agnes Chan
11.Top of the World / Agnes Chan
12.You’ve got a friend / Agnes Chan
13.白い色は恋人の色 / ベッツィ&クリス
14.トンネル天国 / ザ・ダイナマイツ
15.亜麻色の髪の乙女 / ヴィレッジ・シンガーズ
16.太陽野郎 / 寺内タケシとバニーズ
17.JUMP / 忌野清志郎
18.毎日がブランニュー / 忌野清志郎


4月10日放送

1. Man without a name / Andwella’s Dream
2. My back pages / The Byrds
3. Only a hobo / Heron
4. Little new jersey town / Sammy Walker
5. Sailing / Sutherland Brothers
6. Venus / Shocking Blue
7. I fought the law / The Crickets
8. I fought the law / Mike Ness
9. Rock’n’Roll band / Matchbox
10. 恋のマジック・ドライヴィン / ザ・マックショウ
11. Rock’n’Roll / The Velvet Underground
12. All the Young Dudes / Mott the Hoople
13. 20th Century’s boy / T.Rex
14. Making Time / The Creation
15. Bus Stop / Hollies
16. A world without love / Peter & Gordon
17. Brown and Porters (Meat Exporters) Lorry / Freddie & the Dreamers
18. Do you believe in magic? / Lovin’ Spoonful
19. 青春の坂道 / 岡田奈々
20. 教えてください神様 / 天馬ルミ子
21. (時間が無くてかかんなった・・・) 20th Century Baby / T.Rex


4月17日放送

1.香り / 外道
2.そんな/ 外道
3.Yellow Monkey / 外道
4.ビュンビュン/ 外道
5.どうしようかな / 村八分
6.水たまり / 村八分
7.ふざけるんじゃなえよ / 頭脳警察
8.光り輝く少女よ / 頭脳警察
9.Big Headed Woman / Speed, Glue and Shinki
10.Run & Hide / Speed, Glue and Shinki
11.House of Rising Sun / Flower Traveling Band
12.21th Century Schizoid Man / Flower Traveling Band
13.12月の雨の日 / はっぴいえんど
14.はいからはくち / はっぴいえんど
15.自由への長い旅 / 岡林信康
16.私たちの望むものは / 岡林信康


4月24日放送

1  つんのめってるんだ / あがた森魚
2  赤色エレジー / あがた森魚
3  君はハートのクイーンだよ / あがた森魚
4  漆黒の雨 / あがた森魚
5  春の調べ / あがた森魚
6  薔薇瑠璃学園 / あがた森魚
7  B2 / bloodthirsty butchers
8  Super Group / 少年ナイフ
9  sushi bar song / 少年ナイフ
10 世界地図 / 少年ナイフ
11 セイウチの歌 / 少年ナイフ
12 NO FAN / noodles
13 恋する日曜日 / ミミ
14 Move On / 少年ナイフ
# by ynfoil | 2016-06-12 21:45 | music | Comments(2)


Twitterでも言ったけど、

もう、ど~~~でもいい。
やりたいことを、やりたいようにやる。

ギャラリーに飼われて、その庭で楽しくやってるアーティストが好きならば、それも自由。

「それはROCKじゃない!」とか言うことが、ROCKじゃない!

自分は、やぁ~~~~~っと、あの90年代の自分に戻ることが出来た。

これから、ひとりぼっちでも、進撃開始だぜ!
つか、ひとりぼっちだったじゃないか、誰もがさぁ、最初はさぁ。

見せかけや、かっこつけてる仲間意識なんて反吐が出る。

誰も気づかなかったS.O.S.の発信はもう止めだ。そんなの関係無く、やるんだ!自分!

やってやるんだ自分!まだまだ!老いちゃいない!
# by ynfoil | 2016-01-31 03:17 | 日記 | Comments(20)

R.I.P. Bowie

デヴィット・ボウイが逝ってしまった。
闘病しながらも素晴らしいアルバムを残してくれた。
1月8日、彼は69歳になり、ニューアルバム『Blackstar』をリリースした。
『Blackstar』という名前からして、死と向き合い作られたに違いない。

そして、その2日後に彼は旅立った。

ボウイは中学生の頃に、Ziggy Stardustとして出会った。
歌もサウンドもヴィジュアルも全部カッコ良くて、すぐにファンになった。
自分の中では、サウンドが変わり、映画に出てても、ずっとZiggyだった。
しかし、彼自身はZiggyにプレッシャーを感じたのか、
『Pin Ups』というカヴァーソング・アルバムを出した後、Ziggy Stardustを捨てていた。
ツイッギーと並んでる写ってるPin Upsのジャケは、もうZiggyじゃないと語ってた。

でも、そんなことお構いなしに、Ziggy Stardustはずっと僕のヒーローだった。

空から地球に落ちて来たZiggy Stardustは、宇宙へ帰っていったんだ。


最後まで真摯にオーディエンスに向った表現者。
死までもコンセプトアルバムのように昇華させてしまう。


かつて、Joey Ramoneがそうだったように・・・
そうだ、Joeyは癌と闘ってることを公表することなく、歌い続けた。

Adios Amigos (さらば、友よ)はRamones最後のアルバムだ。
タイトルがスペイン語なのは、世界的に見て南米に多くのファンがいたからだと思う。
記録映像を観ると、南米での彼らはBeatlesの映画並みのアイドルだ。
90年代の中ごろからJoeyが癌の専門病院に通うのが目撃されていた。
Joeyもまた、死と向き合いアルバムを制作したのだ。
Adios Amigosの中の1曲Life's a Gas (人生は泡)は、
死を迎えるものから、残された僕らへのメッセージソングだ。


  人生は泡のようなもんだ 現れては消えていく 泡のようなもんなんだ 
  人生は泡だ 泡みたいなもんだ 現れては消えてく 泡なんだ

  でも悲しむことはない 俺はここで歌ってるんだぜ 悲しむことなんてない (奈良訳)


"Life's A Gas"

Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea
Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea

So don't be sad cause I'll be there
Don't be sad at all

Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, a gas, oh yea
Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, a gas, oh yea

So don't be sad cause I'll be there
Don't be sad at all

Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea
Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea

So don't be sad cause I'll be there
Don't be sad at all


見上げる冬の夜空で瞬くたくさんの星の中、僕のヒーローたちは輝き続けているんだ。

時々、いい歳して青っぽいことばっかり言ってる自分が恥ずかしくなったりする。
でも、大好きな歌を大音量で流せば、あの頃に戻ってる自分がいるんだ。

いつも前向きに、いつ死んでもいいように精一杯、毎日を生きていれば何も怖くはない。
誰だっていつかは、あの星屑の中の一員になれるんだ。
自分らしく輝く星になれるように、星空に誓おう。
# by ynfoil | 2016-01-12 01:17 | music | Comments(7)

台湾、慰安婦のこと

明日から台湾だ。
2004年、初めての台湾から10年以上経った。
意識した台湾の歴史を知り始めてから、10年ってことだ。

出会う人々が、素晴らしく感じられた時、僕はその人たちの歴史を知りたくなるようだ。
元々は、音楽が好きで歴史を調べたアメリカやイギリス。
人や文化から興味を持った(つうか、アジア人という括りを意識した)韓国やタイ。
近年だと、先祖の歴史を調べて行き着いたアイヌへの興味や、祖父の痕跡を訪ねたサハリンの歴史。

サハリンの歴史を知れば知るほど、ロシアと日本に翻弄されてきた先住民たちに感情移入してしまう。
戦後、生まれ育った故郷から北海道に移送された樺太アイヌ、千島アイヌ、ニヴフやウィルタの人々の歴史。

そして、樺太と同じように当時は日本に統治されていた台湾のこと。朝鮮半島から徴収されたように、台湾からも従軍慰安婦は徴収されていた事実を知った時の衝撃。近年、日本政府、アジア女性基金によって、調査が行われ、ある結果を得ていたことはあまり知られてはいないのではないか、と最近の我が国の報道に疑問を持っている。

当時の日本国総理大臣、橋本龍太郎の『おわびの手紙』は、このようであった。



元慰安婦の方々への内閣総理大臣のおわびの手紙

このたび、政府と国民が協力して進めている「女性のためのアジア平和国民基金」を通じ、元従軍慰安婦の方々へのわが国の国民的な償いが行われるに際し、私の気持ちを表明させていただきます。

いわゆる従軍慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題でございました。私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上げます。

我々は、過去の重みからも未来への責任からも逃げるわけにはまいりません。わが国としては、道義的な責任を痛感しつつ、おわびと反省の気持ちを踏まえ、過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております。

末筆ながら、皆様方のこれからの人生が安らかなものとなりますよう、心からお祈りしております。

敬具

1996(平成8)年

日本国内閣総理大臣 橋本龍太郎


この手紙は、当時の総理大臣が真摯に頭を下げたものだと、自分は思っている。内容は村山首相時代に作成され、96年には橋本首相が継承したものであるはずだ。しかしながら、国内や他国から徴集された人々に同じような謝罪があったかは、自分は不勉強さゆえにわからない。
# by ynfoil | 2015-11-07 04:22 | 日記 | Comments(0)

OK!? CHABO!

Larry MurrayのSweet Country Suiteを聴いている。高校の頃によく聴いていたアルバムだ。

Larry Murrayは、あのHearts & Flowersのリーダーで、60年代から70年代初頭のカントリーロックを牽引したひとり。このアルバムではギブ・ギルボーのBig Bayouやポール・パリッシュのWhen I see Jamieとかも歌ってる。

10代の頃聴いたものを聴き返していることが多いなぁ最近、つか、震災の後からは、ずっとそんな日々だ。

商業主義が幅を利かしていく時代が始まる中で、スタジオミュージシャンもアルバムを出すようになったり、地方やマイナーレーベルが良いものを提供しようとしていた時代だね。

今から思うと、あの頃の自分は妙に背伸びしてて、経験年齢以上の内容を理解したがってた。でも、そんな自分を魅了していたシンガーたちも、20代や30代って感じだったはずだよな(笑)。40代だったとしたって、今のこの自分よりは若造なんだから笑える。

当時の音楽は・・・ロックもフォークも自分自身の個性、感性を作り上げることにおいて大きな存在だった。そんな音楽にホント盲目的に自分は心酔していた。それは文学や映画やファッション、身の回りのもろもろと結合して自分の前に広がる魅力的過ぎる世界だった。

あれから半世紀!今聴いても心を揺さぶる歌の数々がここにある!

んで、来月12月11日!かの仲井戸麗市!あのチャボさん!と2人で『これを聴け!(笑)』と題したDJイベントを都内でやることになったのであった!

詳細は、いつもの如くTwitterでつぶやくでしょ~~~~~。


「OK!? CHABO?!」 ・・・・言ってみたかった・・・そして、生きてて良かった・・・


なはははははは~~~~~~ホント、生きてて良かった~~~~~~
# by ynfoil | 2015-11-06 23:41 | 日記 | Comments(9)