「ほっ」と。キャンペーン

奈良美智の日々

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大きな世界と小さな世界

・・・ずっと前に書いたテキストが出てきた。誰かの音楽関係の文章に影響されて書いたのを覚えている・・・

ギャラリーイメージというものがある。いわゆる各ギャラリーが持っているカラーのことだ。たとえば2000年代前半までの小山さんのとこだと、村上&奈良でマンガ、佐谷さんのとこだと文学で、タカさんだとクールセンス、ミズマさんになるとアバンギャルドみたいなかんじかな?世界的に俯瞰すると、こうした傾向はだいたいにおいて小さなギャラリーに多い。それはオーナーの好みもあるだろうけど、最初からマーケットを意識すると、もともと資本が少ないうえに力が分散してしまい斜陽してしまうからだ。『マーケット』のように経済と直接結びつくところには激しい競争が存在し、プロモーションの差によってほとんどが決定されてしまう。そんな場所で戦っていくには一つのことに集中するしかない。この考えは、音楽業界と似ていて、6、70年代にR&Bで一世を風靡したモータウン、バブルガムのブッダなんかは、それで成功したといえる。もともとはR&Bとジャズ専門だったアトランティックがROCKを扱い始めたように、その成功というものの延長にあるのが、さらなる成功のための拡大だ。つまり大手になればなんでもそろってしまうということになる。けれども、不特定多数のオーディエンスを相手にしなければいけない巨大な音楽業界にくらべると美術業界は小さい。成功したギャラリーをみていると、どちらかといえば敷居の高い高級ブランドショップに似ている・・・

ここで何を言いたいのかというと、前述した成功についてだ。マイナーからの最初の成功と、その後のさらなる成功との質の違い。さらなる成功を手にすると、戦わなければいけないことが急に倍増する。それはより大きなサークルへの参入であり、そこでは初志というものがどれだけ物理的な武器になりえるのだろうか疑問だ。

レコード会社を思うと、僕はあくまでもカラーを失っていないレーベルが好きで、そのカラーは人格と呼べるくらいのもので、たとえばUKトラッドのトピックなんかは何を買っても失敗のない何代も続いてる老舗のようなものだ。店は閉めたけどヴァンガードやポピー、ラウンダーのフォークシンガーにはずれはない。広げすぎた店だと、もはや絶対的な信用はなく、店構えや店主や番頭さんの顔なんか見ずに自分の眼で判断しなきゃいけなくなり、それもまたいいんだけどなんか寂しい気がするな。プロモーションも必要なのはわかるけど、作品自体がプロモーションすることを前提に作られてるようなものは、なんか好きになれない。最初からオーディエンスのことを意識して作られるもの。作品の見せ方ではなく、作り方がそこに終始しているものが見えると気持ちが貧乏になっていく。最近、ほんとに昔のレコードばっかり聴いていて、良質な音を提供してくれたマイナーレーベルのレコードをターンテーブルに乗せるたびに、目に映るレーベルのマークに胸がじぃ~んとかなってしまう。マーケットでの大きな成功とは無縁に、好みに徹してリリースし続けたレコードを僕はずっと聴き続け、そのたびにレコードの真ん中のレーベルと顔を合わせるのだろう。

70年代『Post Card』の大ヒット後、プロデューサーだったポール・マッカートニーのコマーシャル路線に決別して、本来やりたかったふうに進んだメリー・ホプキン。決してポップではないけど『EARTH SONG』は、乾いた喉に、コーラやジュースではなく自然の澄んだ清水が流し込まれていくような感覚だ。

大成功したミュージシャンのほとんどは、お城に住んだり自家用ジェットで移動したり、高級ホテルのペントハウスに泊まったりしてる。それが似合う人もいるけれども、僕が好きな歌詞はそこからはなかなか生まれにくい。かと言って四畳半フォークもまた非現実的だ。金があるかないかではなく、自由であるか?現実的であるか?喜怒哀楽はあるか?そこに希望はあるか?・・・などと考えている。そして、やっぱこれだな・・・柏木達也の言う「そこに愛はあるのか!」
[PR]
by ynfoil | 2011-08-24 06:17 | 日記 | Comments(0)

2011年8月14日

Twitterを始めてから日記を書く回数が劇的に減った・・・それが、自分にとって良いことなのかどうかはわからないけど、独り言のように『つぶやく』ことができるのは、なんか心を楽にする。朝の鳥たちのように、それぞれ思い思い勝手にピーチクやってるってのは、『自由』だなぁ・・・

そのTwitterの画面上に『おすすめユーザー』というのが出てくるんだけど、なんか知ってる作家の名前とか出てたら検索してみたりする。そこで、彼らにつての評論や、自身のインタヴューなんかが読めるのは、書物に代わるネット時代の醍醐味だ。それは自分自身に置き換えて考えることで、たいへん勉強になり、逆説的に自分の意思を明確にさせてくれる。

たとえば・・・「作品をちゃんと見てほしいという思いが強かったんですか?」というインタヴュアーの問いに、自分でギャラリーを作ったという、ある作家はこう答える。

・・・「とくにどういう人に見てほしいというよりは、同じ人ばっかりに見てもらってもしょうがないですよね。作品はやっぱり人の助けになることが絶対にあると思うし、アートがお金にならないとか、無意味とかいらないものとか、そういう考え方はすごく嫌いなんです。逆に、こう思われる社会がイヤだと思って、環境を少しでも変えたいと思ったんです。少しでも多くの、広い範囲の人に見てほしいし。」

そこで自分は、自分の場合を明確化するのだ。自分の場合は・・・「たぶん、誰かはわからないけれども、ずっと同じ人に観てもらいたいと思っています。いろんな『同じ人』。弱い人、強い人、いろいろいるだろうけど、みんな『同じ人』。アートがお金になるとかならないとか、意味があるとか無意味とか、そんなことはどうでもいい。要は、初めに衝動があるかないかだけです。自分にとって、その『同じ人』に観てもらうことを考えて、ずっと絵を描き続けることは、まったくもって可能だと思います。」というふうに『独り言』を言うのだ。もちろん、いろいろな『同じ人』に向かって・・・

僕は、自分の作品に対するある種のオーディエンスを信じている。彼らは、彼らの時計でちゃんと成長していく。その、彼らの成長速度と自分の成長速度のあやふやな交じり合いが、展覧会の感想として聞こえてきたりすることが、単純に楽しいのだ。そして、それを失うことになるとか考えると死にそうになる。

結局、制作すること自体は個人的であり、誰の干渉をも受けまいとするが、完成後の作品達においては、彼らに観て欲しいと願う自分がいる。誰でもない『彼ら』に、だ。
[PR]
by ynfoil | 2011-08-14 22:34 | 日記 | Comments(0)

2011年 8月11日

たぶん、この20年で10回以上は日記に書いた気がする、このフレーズ。

「やるしかないが、うまくいかない。うまくいかないが、やるしかない。」

今まさにそんな感じだけど、自然に手を動かせば、可笑しいかな、ちょうど20年前の絵みたいになっていく。なんていうか、崩しの絵だ。上手くみせない、かといって日本的なヘタウマとかいうやつとも違う、わりと正当な絵画センスを残したような崩し。

表面的な進歩を無視して描こうとしたら、急に20年前に戻ってしまったなぁ。

来年の横浜個展・・・画学生みたいな展示になることは間違いない。

なんか、流行とか時代精神とか、そんなのを皮膚で感じながら、自身とはちょっとしたブレのある中でアート・シーンに出てきたような作家を可哀想なふうに感じていたけど、自分もそうだった・・・って感じ。

元々、ブレてデヴューしてしまったのであれば、本来の自分の位置まで立ち返ってから前進しなけりゃいけない・・・と、なんとなく戻ってみれば、ほんとに描きたいものを探している状態だ。

「うまくいかないが、やるしかない。やるしかないが、うまくいかない。」
[PR]
by ynfoil | 2011-08-11 06:03 | 日記 | Comments(0)

2000年の8月9日は・・・

青森には4年も帰ってなかったんか~!
しかも、帰ったはいいけど、実家に行ってない!!!
なんたる親不孝な息子だ・・・泣・・・

過去を辿るってのも、面白いもんだな・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

竹井邸の朝、家の前は公園だ。
駅まで2人で歩き、喫茶店でモーニング。
表参道まで一緒に行き、そこで僕はナディッフへ。
本にサインをして、芦野さん高橋さんと話す。
荒木さんのポラ写真展も観るが、すごい量だ。

小山さんのギャラリーで荷物をピックアップして羽田へ向かい4年ぶりの青森へ。
青森空港は変わらず緑の中にあった。
気温23度。涼しい。

ホテルにチェックイン後、駅前を散歩し、食堂でホタテ、ホヤを食う。
街角で耳にする懐かしい言葉の響き。
渋谷を歩いてるようなネエチャンが、津軽弁を話してるのが不思議。

ホテルに戻り洗濯してから「ひな菊の人生」あとがきを書き寝る。
[PR]
by ynfoil | 2011-08-09 07:04 | 日記 | Comments(0)

2000年の8月8日

ん~、小山邸に泊まってるなぁ~2000年の今日の自分。

・・・んで、ホンマさんのジンギスカン大会!って、あぁ、腹へって死にそ。

そんな過去の時間進行に、安心しちゃ~いかんぞなもし!
今描いてる絵、完成させなきゃ~!

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小山さんが早朝、おかあさんとの親子旅にむけて家を出て行く。
8時30分、奥さんが出勤する。ふとんの中から「いってらっしゃい」

お昼、小山さんのギャラリーに行き、青森用の荷物を整理する。
ラルク・アン・シェルのPV撮影を中庭でしている。すごい大人数。

夕方、リトルモアで打合せ。竹井さんは退院したてなのに元気。
たまってたファンレターも受け取る。「ギター弾きの恋」のヴィデオを伊藤さんからもらう。
今度から始まる中野さんの写真展「TOKYO NOBODY」の会場をちょこっと観る。10年かけて撮った、人影の無い東京の街のシリーズ。

9時、ホンマさんのジンギスカン大会に行く。
チューハイ!美味い!肉も美味い!
店を借り切ってやってて、森本のウエイトレス姿がいい。
学祭の模擬店的な店で楽しい。ホンマさんといろいろ話すが、いつか彼のセレクションで写真集を出せたらいいなぁとふと思う。

結局、竹井社長の家に泊まることになり、シャワーをかりてから即爆睡。
[PR]
by ynfoil | 2011-08-08 07:04 | 日記 | Comments(0)

2000年の8月7日

こんときは、まだドイツに住んでて、一時帰国だったのかぁ・・・
次の年の個展のための制作はまだ始まってない・・・つうか、まだ日本に完全帰国してない。

う~、一体、前回の横浜美術館の個展はどんなふうにしてたのか、と過去を覗いてみれば・・・

これを基準にしたら、10月までは悩んだりしててもいのかぁ~♪と思うけど、悩みたくはない。
展示するかどうかは後回しで、とにかく描きたいものを描かなきゃ!Yeah!
     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小山さんのギャラリーで、ドイツ本用のスライド160枚を整理。
制作年、技法、サイズそしてタイトルを記入していく。
たった1枚の絵でも、過去の資料からサイズを探し出すのに時間がかかる・・・
11時から夜8時までずっとやってたら頭が痛くなり、やっぱり知恵熱発生。
人には得手、不得手があるもんだと実感するが、やっぱり人に任せられない。
途中で読売新聞のインタヴューを受ける。
ポートレイト撮影があると聞いてなかったので、不精ひげで写る。まぁいいか。

桑原さんが来て、夏季休廊中のギャラリーで制作するとのことでキャンバスを張り出し、自分も絵がむしょうに描きたくなる。
8時過ぎ、みんなで缶ビール1つづつ飲んで帰り支度。
小山さんと一緒に三軒茶屋に行き、脇さんらとミーティング。

とにかくスライド整理で疲れ果てた1日。

知人友人から「会おう」と電話が多いが、時間がない。
今自分がやらなきゃいけないこと、やりたいことは人に会う事なんかじゃない。
それに、暇な時はひとりでボ~ッとしていたいし、ロックフェスにだって死ぬほど行きたいんだ。
でも作品の資料整理はしなければいけないと思うし、なにより制作できないつらさを抱えて、人に会いなごんではいられない。
帰国は、人に会うためでもなければテレビを観るためでもない。
日本で制作し、来年の個展を充分満足できるものにするためだ。

やりたいことがうまく進めば、人にも会いたくなるだろうしテレビも観るだろう。
それに仕事のことでは、苦しみなんかはしない。
回りの環境や無理解が自分をいらつかせるのだ。

しかし理解者達は黙っていて、僕に全力を出させるようにしていてくれる。心の中で繋がってる人たちがいるんだ。

もしかしたら、自分にとっては無視されることが一番良い制作環境なんじゃないかと思う。
[PR]
by ynfoil | 2011-08-07 06:49 | 日記 | Comments(0)

2000年の8月6日

前はどんなふうにして個展の準備をしたのか、と過去の日記を見てみると・・・
2001年の夏に、横浜美術館で個展があるのに、まだ制作始めていない!
しかも、10月からだって!!!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今度10月から借りる予定のアトリエを見に行く。
プレハブの2階建て・・・暑い!
しかし、ここで1年間は横浜のために絵を描き生活することを決める。
壁を作り、白く塗れば、アトリエになるだろう。1年間だけのアトリエ。それもいいだろう。

夜、電車を乗り継ぎ小山さん家で夕食。うにを食う・・・・美味い。そうめんしかり。
それにしても、本当に暑いなぁ。

ワンダフルライフを観て寝る。
[PR]
by ynfoil | 2011-08-06 22:43 | 日記 | Comments(0)