奈良美智の日々

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

11月21日 ARASHI "Scene"~君と僕の見ている風景

 東京ドーム自体が初体験だった。幸運にも招待されていた自分は、メインステージのまん前、そこからせり出す花道の付け根という席に案内される。上の方から俯瞰するような席だと勝手に思っていたから、すごく驚いたのだけど、コンサートが始まった瞬間はもっと驚いた。嵐の5人が登場したときのドーム一杯の渦巻くような歓声。みんないっせいに立ち上がる。あっという間の一体感だ。一番前にいたためか、すぐに大野くんと目が合って、笑いながら指をさされる。彼とは時々会っていろんなことを話し合ったりしている仲なのだけど、こんな大きな会場でたくさんの人々に囲まれている姿を観るのは初めてだ。もちろん、テレビやDVDなんかで観たことはあるのだけど、まさに、嵐という国民的なグループの一人としてステージに立って、歌い踊る姿を観れることはすごく貴重な時間なのだと実感。

 嵐という5人組の一体感やコンビネーションの凄さは、コンサートの始めから終わりまで、コール&レスポンスと共にオーディエンスと一体になり、大きなうねりのように流れていく。その濃密な空気の中で行われる歌も踊りも、とにかく基礎を経て、練習があり、それを本番で活かせるという、本物のエンターテイメントというものだ。そして、ここまで行き着くのも簡単ではなかった、ということもよくわかるのだ。音響やライティング、水や火を使ったりする舞台のセッティング、劇的な演出、すべての関係者がプロ意識でもって最善を尽くしている。そこで行われるクオリティの高いパフォーマンス。しかしながら、ただそれだけではない楽しさという要素もこのコンサートの特徴だろう。5人が楽しんでいる様子が心に伝わり、こちらも楽しくなっていく。僕は今、こうしてわりと冷静に文にしているけれど、当日は何もかも忘れて舞台に引き込まれ、たくさんの人々と同じ時間を共有し、純粋に楽しんだ。たとえばロックのライブなどは今までに数え切れないほど体験し、感動したり力をもらったと思うし、忘れられないライブもいくつかある。けれども、今回の嵐のコンサートはちょっと感動の質・・・というか、力のもらい方が違うということに気がついた。僕がもらった力というのは、パフォーマンスした嵐5人からのみもらったものではないということだ。彼らとオーディエンスと一体となった場の空気から、その空間からもらった力と感動なのだ。コンサート終了後に主催者側から案内されて、5人に会った。彼らはとてもニコニコしていて、そこには全力でパフォーマンスした後の達成感とさらに進もうという意志があふれていた。本当に力をもらったし勉強にもなった。しかし、何を学んだのかはよくわからない。とにかく今までの自分にはなかったものだ。それをおしえてもらった気がする。ありがとう!
[PR]
by ynfoil | 2010-11-23 02:42 | 日記 | Comments(0)

11月15日


真夜中に、窓の向こうはまっ暗闇で、部屋の中ではレコードが静かに回転していて、たとえばRosie Hardmanが歌ってる。なんか10代の頃のように、時間が無限に横たわっているような夜で、朝が来るまでに本を何冊も読めそうな気がしてくる。それで、軽い気持ちでPCのキーボードを叩いて一言二言呟いてみたら、すべては窓の向こうの漆黒に吸い込まれていってしまう・・・

知ってる、知ってる・・・時代遅れのどっかの田舎じゃ、僕が昔に見たものがとっても新しいんだってことは、知ってる・・・そして、僕が今見てることが、もうすでに古いんだって思ってる人々がいることも、知ってるのさ。
[PR]
by ynfoil | 2010-11-15 04:01 | 日記 | Comments(0)

11月14日

ソウルでは展示風景をのぞいて、全く写真を撮っていなかったことに気付いた。それはもう、ソウルの街を歩くことが自分の日常と何ら変わりないことになってしまった証しのようなものに違いない。もちろん漢江を渡る橋にさしかかると少しはどきどきするし、澄んだ空気の中で遠くに見える岩山が一期一会のように綺麗だなぁと思ったりするけど、シャッターを押す気にはならない。なんか、明日も明後日もそこにいることが出来そうな気がするからだ。もちろん自分はソウルに住んではいないし、普段いるところから飛行機で2時間といっても、毎日のように訪れるわけにはいかない。でも、なんか自分の行動範囲というか、場所は違っても同じ時間に同じ夕日を眺めることができたり、それこそ簡単に電話して話せる友だちがいるっていうことが当たり前になってきたんだなぁって思う。それは飛行機で1時間、新幹線が開通しても3時間はかかる自分が育った街に対する想いにも似ている。ソウルも自分の故郷になったってことなんだろうかなぁ・・・
[PR]
by ynfoil | 2010-11-15 02:37 | 日記 | Comments(0)

11月12日 ソウル 6日目


朝!ちゃんと9時前に起きて、9時30分に朝食を食べに2階に行く。と、すでに小山さん&金近くんは席についてがっつり食べている。中国の作家たちが食べてるテーブルに「モ~ニン!」と声をかけて、僕はミューズリを軽く食べる。

朝食後、中国の作家たちは、これから北京に帰るというので握手して別れ、僕らは懐かしの(って、俺だけ?)サムスン美術館Leeumへ向かう。タクシーに乗って河を越え南山公園へ行く手前をぐるっとUターンするように回って進んで国際学校を過ぎて右折。

電話したらタエさんが入口まで来てくれて、副館長のライオンさんも来てお茶。その後はみんなでツアー。やっぱり何回来ても陶磁器のコレクションにため息がでる。Leeumの人々にさよなら言って近くのコム・デ・ギャルソンへ。地下のスペースでデヴィット・リンチの展示をしているのだ。結局、展示だけでなく服やなんかも、5階へ登ってから1階まで見る・・・つか、ほんとに見るだけ・・・買わないから・・・買えないから・・・いや、買えるかもしれないけど、似合わないであろうから。僕らの中で唯一似合うかもしれない金近くんは、じっくり見ている・・・が買う気配はない(なんか安心)。空港へ向かうバスに乗るためにイテウォンを後にしてタクシーをひろってホテルへ戻る。途中、漢江にかかる大橋を渡る時、なんでかとても懐かしく切ない気持になってしまった・・・

なぜかもう1泊する小山さんとホテル前のカフェTake Urbanで別れて、金近くんと空港行きのバスに乗る。また何度でも来るとは思うけれど、いつ来ても、もう少しいたいと思ってしまうのは、やっぱり良い思い出と良い人たちがいるからだな~。アンニョン、ソウル!
[PR]
by ynfoil | 2010-11-13 00:04 | 日記 | Comments(0)

11月11日 ソウル 5日目


お昼12時起床・・・さすがに頭が重い・・・と言いたいところだけれど、まったく2日酔いナッシング!日本から来る小山さんの到着を待って、ゆっくりお風呂。小山さんのチェックイン後、金近くんと共に小山さんとタクシーで美術館へ向かう。小山さんの登場で移動手段は地下鉄からタクシーへと陽の目を見た。

オープニング準備中の美術館では、展示スタッフがメディア系作品の最終チェック中。小屋の中で流れているアニメーションと音楽も順調。ヤノベの映画館もちゃんと作動している。オープニングの前に館長室に日中の作家が呼ばれて、館長のありがたいお話を拝聴。年季の入った人の話は、やはり染みる・・・日本語と中国語の通訳が入り乱れて、なんかアジアな感じで、不思議と韓国語も中国語もわかる気がしてくる。

オープニングは来賓の前での作家紹介があって、その後はすぐにカフェへ引っ込んで、ビール片手に金近くんと2人で秘かに乾杯。小山さんは会場を回ってビジネストーク中(たぶん・・・)であろう。そのうちみんながカフェにやってきて飲んだり食ったり。いろんな人に挨拶されるけど、もう次から次へと忘れていく・・・老齢化で記憶力減少期にある自分。しかし、ドキュメンタリー映画の勉強をしているユン・ソラという人の名前は忘れないと思う。自分の先生が出品しているというんで、来ていたナナちゃんにも会えた。「会いたかったです」と日本語で言われて、めっちゃ照れた・・・単純に会いたかっただけってのはわかるんだけど、照れる。前に信楽に来ていたユンちゃんが大谷くんと一緒に写真を撮りたくて「わたし、大谷さん、欲しいです」というふうに言ってしまい、照れていた大谷くんの気持ちがよ~くわかった。

2次会は競馬公園駅の前にたたずむ一軒家、サムギョプサルの店。あんまり英語が通じるというわけではないのだけれど、中国の作家たちとも会話する。中国の作家たちはなんかどっしり構えていて、偉い感をかもし出していたのだけれど、やっぱり酔っぱらってくると雰囲気が仲間感になっていく。北京の中央美術学院で先生やってる人が講演しに来ないか?と言ってくれて、つい「行く!」と答えてしまった。しかし、耳で聴くだけだと彼らの名前を誰一人として覚えられない・・・。今回のキュレーターの李さんともくだけて話す。出てくる料理を美味い美味いと食べてたら「でも、ほんとに美味しかったのは?」と李さんが聞いた・・・一瞬考えて、「一昨日の夜食べたチャーハン!」。サムギョプサルからプルコギになり、味噌汁とご飯になり、おかゆスープになる頃、今までの疲れがどっと出たのか、マッコリと焼酎の嵐で酔っぱらったのか、お先に失礼した小山チームは、タクシーではなく地下鉄でホテルに戻って眠りにつくのであった。
[PR]
by ynfoil | 2010-11-13 00:03 | 日記 | Comments(0)

11月10日 ソウル 4日目


11時からプレス会見があります!と、聞いてはいたのだけれど、それが始まるころにホテルを出て、終わるころに美術館に着いた・・・計画的犯行・・・いや、単なる寝坊。

展示作業の人たちがなんか寝むそうにしてるなぁと思ったら、昨日から寝てないで作業してたそうだ。そういえば柳さんのでっかい作品が全てちゃんと立っているし、隣の巨大TVゲームみたいなインスタレーションもできている。今日の作業、自分のところは、ライティングをきちんとするだけで、その後は懐かしのロダンギャラリー仲間との同窓会が待っている!というので、めっちゃハイスピードでライティング作業をしていくのだけど、この展覧会、自分が一番現場で作業している作家かもしれない。他のみんなはアシスタント使ったり業者にまかせっきりだったりで、全然作家に会っていない・・・と思ったら、会田が日本から到着して、日本人作家が2人になった。でも、明日のオープニングも中国の作家はけっこう来韓するようだけど、日本人作家でやって来るのは僕ら2人だけだそうだ。なんか寂しいなぁ・・・

6時過ぎにはライティングを完了させて、金近くんを従えて、いざ大マッコリ大会へ!途中、乗り換えの時に金近くんが乗りこむとこでドアが閉まって挟まれてしまい、内側から引っ張ったけど全く無理で、結局ホームの方に転げるようにすっぽ抜けた・・・誰もいないホームで、こっちを見る赤い顔の金近くんが遠くなっていき、ほぼ満員の車内の僕も他の乗客の視線を受けて赤くなっていた・・・

ホームで運命に引き裂かれた2人であったが、ホテルのロビーで再会。待ち合わせのインサ駅に向かう。8時にインサ駅8番出口、ユン姉妹のお姉ちゃんが迎えに来てる。彼女に連れられて満福クッス家という店へ入ると・・・奥の席でタエさんが手を振っている!太ったキムさんもいる!コウさんまで来ている!みんな揃っていないけど、とりあえず乾杯。直にユン妹にキムジナ氏も来て再度乾杯!というか、乾杯の嵐・・・そして、やっぱり来たか!自分の杯を飲み干して相手に差し出し、マッコリを注いで空けさせるというやつ!

とても大切な仕事で接待中の痩せているキムさんが、僕らに呼び出されて到着する頃には、僕は、いやみんなが酔っぱらっていた・・・はず・・・思い出せない・・・

Wキムさんらは僕のことをヒョンニム(兄貴)と呼んで、僕はチング~(友だち)と答える。仕事を通して知り合って、その後も仕事に関係なくずっと続くような友だち関係って最高だ。世間には仕事があることで繋がっている関係がほとんどだろうけど、誰が偉くなっても、あの時と変わらずに僕らは乾杯できる。同窓会の良さはそういうところなんだ。

子どもの頃と違って、大人になるとなかなか感情を素直に顔に出せなくなっていく。我慢することや、良い格好することを覚えていく。愛想笑いも上手くなっていくし、諦めることさえしょうがないと思ったりする。けれども、仲間と思える人たちと酒を飲み交わしてると、子どものような自然な自分に戻れていく。そして、やっぱり生きる力が湧いてくるのだ。

結局、最後の記憶は「チング~最高~」と叫びながら、Wキムさんに両脇から抱きかかえられてタクシーでホテルに送ってもらったあたり・・・
[PR]
by ynfoil | 2010-11-12 16:05 | 日記 | Comments(0)

11月9日  ソウル3日目


気合いで目覚めて金近くんと美術館に向かえば、地下鉄が途中で止まってしまい、ちょっと焦ったけどタクシーでなんとか到着。

今回の展覧会は『Made in Pop Land』というタイトルで、中国、韓国、日本の現代の美術を紹介するもの。僕はPOPという言葉で自分の作品がくくられるのが嫌でしょうがないのだけども、仕方ないことだといつもため息ついて諦めている。普通ならばポピュラリティを獲得することで失われていくスピリットを、それそのものを自分は大切にして決して失わないように心がけているつもりだ。けれども、そんなことお構いなしに作品は作者を離れていき、いつの間にか勝手に人々のものになってしまい、ずっと大切に心に留めてくれるオーディエンスもいるし、使い捨てのキャラクターのように飽きて画集を古本屋に売る人もいるというふうだ。POPという言葉で僕が連想するのは表面的なイメージの流通なのだ。

展示に集中したいのに、今日は取材を3つも受けなければならなかった。しかもそのインタヴューの質問がまったく嫌な類のもので「どうして女の子ばかり描くのか?」とか・・・で、以前、アメリカの美術雑誌で受けた質問がよぎった。

質問:作品は不幸せであった幼少時代を表しているものだという話は良く聞きます。作品の大体は自画像だ、と奈良さんはおっしゃいましたね。なぜほとんどの被写体は女の子なのですか?

答:まず、僕の子ども時代が不幸だったと自分自身で思ったことはありません。ひとり遊びが得意で、動物たちとも話が出来て、空想力や想像力に富んでいたと思います。大人の眼には寂しそうに映っても、その被写体が寂しいと感じているかどうかは疑わしいものです。僕がよく言うのは「他者から見れば、孤独に映るような子ども時代」であっても、自分にとっては、毎日友だちと遊ぶよりも、必然的に内なる自分と会話し、感性を育んだ子ども時代です。また、方法論ではなく感性に沿って生み出される作品はすべて自画像といえるのではないでしょうか?人は見かけで物事を判断しようとする傾向があります。そのような人には描かれているものが「女の子」に見えるのでしょう。僕自身は、女の子を描いている意識はないし、男の子でもなく動物でもない。あえて(僕の嫌いな)カテゴライズすれば、「中性的であるところの子ども」と言えます。ちなみに、僕は「女の子を描こう!」と思って作画したことはありません。

そんな取材を嫌々終えて・・・嗚呼、自分はもっと民間大使的に国際交流を笑顔で行わなければいけないんじゃないか?と自問自答はしたけれど、やっぱ自分の仕事はそういうことじゃなくて、基本的に制作するだけで、それが真実の国際交流につながっていくのだということを確信。ニュースやなんか、文化に対するメディアのあつかいこそ、時間稼ぎの使い捨てが多いのだ。

ずっと夜まで展示作業してて、美術館は郊外の公園にあるために晩御飯にありつける場所もなく、もう今夜は腹ペコで作業するんだ~!と、意識が朦朧とする中、学芸員の李さんから店屋物のチャーハンを分けてもらって・・・なんか、一生忘れないくらい美味かった。

やっと展示が終了して、時計を見たら12時15分前・・・12時が終電らしく、地下鉄の駅まで車にぎゅ~ぎゅ~詰めで乗りこんで送ってもらう。と、駅のホームに降り立ったら、反対側のホームでドラマの撮影中。2PMっていうアイドル・グループの一人が主人公らしく迫真の演技中。

結局1時くらいにホテル近くの駅に着いたのだけど、金近くんとちょっと焼き肉・・・&マッコリ。今日は疲れたなぁ~~~。でも、明日はライティングだけだ!プレス会見なんて出なくてもいいじゃぁ~ん。マッコリ飲んで、ぐっすり寝て、昼前に着ければいいさ!
[PR]
by ynfoil | 2010-11-09 23:13 | 日記 | Comments(0)

11月8日 ソウル2日目


朝9時30分、朝食ルームで金近くんと落ち合うはずが9時30分起床。あわてて電話したら金近くんも寝坊のようで安心、安心。

ゆっくり朝食をとってから美術館へ向かう。今日のソウルはちょっと寒いかんじで、灰色の雲が空を覆っている。

午前中で小屋の電気配線をやって、昼ごはんは担当の李さんと僕らで豚の臓物の煮込みを食べに行く。めっちゃ美味くて感動!そして李さんが「マッコリは?」と言うのでまた感動。生マッコリを飲みつつのランチ・・・

午後からは小屋の内装をどんどんやっていきつつ、絵4枚にでっかいビルボードの展示を同時進行。夕方には絵とビルボードの展示完了で、小屋内部の展示もだいたい終了。でもステレオのCDプレーヤーが壊れてて、日本にいる小山ギャラリーのスタッフに至急オーダー。オープニングにはなんとか間に合いそう・・・よかった~。

夜7時30分で本日の作業終わり、で景福宮近くのサムゲタン屋さん、その名も土俗村!に向かう。今夜はキムジナ氏+あさこちゃん+清水さん+キタデニコフ、そして僕と金近くんとでサムゲタン会なのだ!あさこと清水さんはソウルに雨乃日珈琲店というカフェを今月オープンする。キタデニコフは金沢21世紀美術館での僕の個展担当だった人で、なぜかソウルに来ていた・・・が、今回の展覧会のオープニングを待たずに帰国するそうで・・・涙。でも、こうして旅の空の下で会えるのっていいよなぁ。

土俗村ではサムゲタンにマッコリで盛り上がり、その後はインサドンのマッコリ屋さんへ・・・

しか~し!11時過ぎで切り上げてホテルへ戻る。明日は寝坊せずに美術館行くぞ~!
[PR]
by ynfoil | 2010-11-08 23:39 | 日記 | Comments(0)

11月7日 ソウル 初日

韓国へやってきた・・・先月も2泊ばかり来たとこだけど、今度は5泊。ちょこっと長い。11日から始まる日中韓の現代美術の展覧会のためだけど、自分なりのメインテーマは『旧友に会うこと!』。

今日の朝に成田を出発(同じ時間帯に村上さんも成田にいた!でも、会えなかった・・・)お昼にはソウルに到着。3時過ぎから会場である国立現代美術館で設営開始。今回は小屋が1個と絵画6点、ドローイングが無数(100点くらい?)の展示になる予定。さっそく小屋の組み立てから取りかかり、夕方7時にはほぼ電気配線と窓ガラス以外は設置完了。金近くんと2人だけど、現地スタッフにも手伝ってもらった。今回は予算が少なくて、いつもの小屋メンバーに設置をたのめないのだ・・・。現地スタッフ、カムサハムニダ!

そして、ここからがメイン。一旦、宿に帰ってから、キムジナ氏を江南に呼びだして、さっそくのブテチゲ。ラーメンを更におかわりして完食・・・で、マッコリ大会に移動。キムさんとタエさんに電話して10日に大マッコリ大会を開催決定。10日の夕方までには全ての設置を終えるのだ!

とりあえず、明日は7時起床で・・・つか、それが普通だよな~
[PR]
by ynfoil | 2010-11-07 23:56 | 日記 | Comments(0)