奈良美智の日々

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

8月19日

むかぁ~し、むかし・・・って、何年前だろう?僕のポンコツな記憶が正しければ1994年だったはずだ。その頃、僕はドイツに住んでいて、個展の準備のために一時帰国していた。森北のとこで大きな犬の彫刻を作ってた。森北はもちろん必然的に、杉戸やなんかも手伝いに来てくれてて、それは大きな犬を作ってた。基本的に発泡スチロールで作って、それを化学合成樹脂で固めるのだけど、そんな技術、実は、僕ら自身でやるのは初めてだったんだ。

まぁ僕ら、そんな初心者ではあったけど、やっぱり美大生だけあってちゃ~んと制作して完成させた・・・のは、いいんだけど、その犬は扉から出ない大きさになっていたのだった。その時まで誰も気づかなかったんだよ~嗚呼!

で、結局、犬を半分に切って外へ出し、個展会場へ運んだのだけど、そこで自分は反省したことを思い出す。それは、運ぶためにちゃんと分割することを考えて作るべし!ということ。それがプロってもんだろう!って、その時は、自分も森北も杉戸も、みんな思ったさ、もっとがんばんなきゃ~って・・・俺たち、まだまだプロじゃないんだなぁ~って。

それから、行く年月か・・・森北も杉戸も大学で教える身分になり、僕も日本は元より、いろんな国で展覧会をするようになった。そして、個人的にあの頃を回想して思う・・・

そっから作品を出せるかとか、考えて作んないほうが自由。思うように作ればいいじゃないか!プロじゃなくて構わない。その場で精一杯の感情にまかせて制作したらいい!自由に、思うままに作るのがアーティストだ。職人さんのように現実に対しては、四角く真面目ではないけれど、発想にかけては妥協しないで、何も考えずに突き進む!あとは野となれ山となれ!その作品が素晴らしいのなら、壁を壊しても、出したらいいんだ。

あの頃から、どんどん大人になってしまった自分だけれど、大人になることで全て肯定されるべきじゃない。そんな、みんなしっかりとした立派な大人になってしまったら・・・自由奔放な少年少女が学ぶべき大人がいなくなっちゃうじゃないか!

それで僕はあの・・・後先考えないで仲間と突き進んでしまう、あの頃の自分を思い出し、今再び自分に渇を入れるんだ。

しっかりとした、みんなで何かするっていうような教科書みたいな、社会の手本みたいな大人にはならない。ひとりひとりこそがしっかりとして、自分自身の生きる道を歩けるような個人主義の大人になるんだ。それが、ほんとの意味で繋がりあえるってことでもあるはずだ。

また再び、そこから出せないような大きな犬を作ってみたいなぁ~。森北も杉戸も、なにも変わっちゃいない。んで、俺だって、あの時のままなんだ・・・

あ・・・んで、そのおっきな犬はと言えば・・・嘘みたいだけど、今はサン・フランシスコの近代美術館にいるのであった・・・なんか、スゴクない?
[PR]
by ynfoil | 2010-08-19 23:49 | 日記 | Comments(0)

東海道新幹線


新幹線に乗って東海道を走ると、天気が良い日には富士山が見えるし、なにより大きな川をいくつも越えていくのが楽しい。鉄橋を渡る時の、左右の視界がパッと開けて空を飛ぶような感じ、あの感じが好きだ。そして、ここ数日の雨のためか、水量多く流れる川は、川本来が持っている力強さにあふれている。日本中にダムが出来る前には、そんな川だらけで、増水や洪水が頻発していて、人々は自然の脅威を今以上に感じていたのだ。

山や川だけではない。列車はいくつもの町を通り過ぎていく。たくさんの煙突が立ち並ぶ工業地帯や漁船が行きかう港町、青々とした水田や畑、人々が住むそれぞれの家々。基本的にそこの地形に合わせて立ち並んでいる田舎の家々は、そこの自然との調和を感じさせてくれるし、緑美しい木々の多さは気持ちいい。

そして、そんな窓風景をどんどん後ろへ追いやっていく新幹線の速さ!!!
[PR]
by ynfoil | 2010-08-11 10:05 | 日記 | Comments(0)

8月8日


時々、自分の感性がとてつもなく恥ずかしく思えることがあって、そんな時に過去作品たちを画集に見てみると、それはそれは幼く、未熟であるような表情でもって作者に語りかけてくるので、ほんとに穴があったら入りたくなってしまう。

しかしながら、この世の中には、僕と同じように夜に書いた手紙なんかを朝に読み返して、赤面するような人たちはいるらしく、そんなみんなから共感している風な手紙をもらうと、僕もなんか自分のやっていることに社会的な意義みたいなものがあるのかなぁ、なんて思ったりするのだ。

恥ずかしいと感じることは、自分を曝け出しているということ。ちょっとカッコつけてる自分が、そこに虚勢を感じて恥ずかしくなるのも同じだ。なんとか今までの対面を保とうと努力することの繰り返しが、成長するということにつながっていくのだろう。

僕はいつも赤面していたい。
[PR]
by ynfoil | 2010-08-08 23:50 | 日記 | Comments(0)