奈良美智の日々

カテゴリ:music( 19 )

朝が来るまで聴いていた曲たち・・・till the morning comes

DONOVANとMark Fry以外はみんな女子の歌声であった・・・小さなリンジーもありますよ!

f0232272_51321100.jpg

[PR]
by ynfoil | 2012-05-17 05:15 | music | Comments(0)

日本のROCK!

ロケンロ~!

f0232272_22544330.jpg

[PR]
by ynfoil | 2012-03-24 22:55 | music | Comments(0)

顔ジャケ特集・・・

顔ジャケLPを選んでみた・・・我ながら激レアものが多くてびっくり。

f0232272_2205742.jpg

[PR]
by ynfoil | 2012-03-23 22:02 | music | Comments(0)

Music '60~70's多し・・・

メリー・ホプキンでレコードとCDを聴き比べてみると、やっぱレコードの方がいい感じだなぁ・・・

f0232272_0363398.jpg

[PR]
by ynfoil | 2012-03-23 00:31 | music | Comments(0)

Neil Young  特集

・・・ニール・ヤング。

ハーベストやアフター・ザ・ゴールドラッシュを聴いてると、

高校入試を控えて深夜に受験勉強していたあの頃、

雪深い弘前にいて、深夜にため息をついていた幼き日々に、

僕の魂はタイムスリップしてしまう。

深々とした真夜中に窓から飛び出して、当ても無く歩き回った3月。

校庭に広がる一面の雪は、月や星に照らされて静かに発光しているようだった。

寒さで固くなった雪の上を、ゆっくりと埋まらないように歩いて横切ったな・・・


f0232272_4145733.jpg

[PR]
by ynfoil | 2012-03-22 04:14 | music | Comments(0)

21日のMusic・・・

Bob Dylan 特集?

f0232272_33351.jpg

[PR]
by ynfoil | 2012-03-21 01:54 | music | Comments(0)

3月19日 Music・・・

音があることに感謝!

f0232272_19382425.jpg

[PR]
by ynfoil | 2012-03-19 19:39 | music | Comments(0)

What Have They Done To The Rain by Malvina Reynold (1962)


What Have They Done To The Rain・・・奴らは雨に何をした。
Joan Baezのカバーもいいけど、僕はThe Searchersヴァージョンが好き。
この時代は良い原曲があって、それをいろんな人たちが歌ってた。
P.F.Sloanの作ったEve of DestructionもBarry McGuireがヒットさせた。
で、やっぱBarryよりThe Turtlesのバンドサウンドが好きな自分。
もちろん、RCサクセションのカヴァーも好きだ。

5年ほど前から、この頃のレコードに針を落とす回数が多くなったなぁ・・・

  "What Have They Done To The Rain"

Just a little rain falling all around
The grass lifts its head to the heavenly sound
Just a little rain, just a little rain
What have they done to the rain

Just a little boy standing in the rain
The gentle rain that falls for years
And the grass is gone, the boy disappears
And rain keeps falling like helpless tears
And what have they done to the rain

Just a little breeze out of the sky
The leaves nod their head as the breeze blows by
Just a little breeze with some smoke in its eye
What have they done to the rain

Just a little boy standing in the rain
The gentle rain that falls for years
And the grass is gone, the boy disappears
And rain keeps falling like helpless tears
And what have they done to the rain
What have they done to the rain

見渡せば小雨が降っている
天国からの声に草たちは上を向く
ただの小雨 ただの小雨
奴らはこの雨に何をしたんだろう

ちいさな男の子が雨に佇んでる
雨は静かに幾年月も降り続き
草たちは枯れ 男の子も消えた
止まらない涙のように雨は降り続いている
奴らはこの雨に何をしたんだろう

空からのちいさな風に吹かれ
木々の葉っぱたちは顔を上げる
あの煙を見たちいさな風だ
この雨は奴らは何をされたんだ
[PR]
by ynfoil | 2011-04-22 22:40 | music | Comments(0)

もしかしたらのCD用の曲リスト1&2 

なんかもう頼まれても、それが現実になるのか信用できないでいるけど・・・アメリカで、僕が選んだ60~70年代の曲をCD化させてくれる!というので、選んでみた。

もし、本当~~~~~にCD化されたら、いいんだけど、そうなるように向こうの人が精一杯動いてくれるかっていうと、9割り方そうじゃない気がしている。彼らにとっては、こういうことは余興的なことだろうけど、僕の精神を形作ったのは画集なんかよりも、ずっとずっと音楽の方だ。

このリストは、その1ビート系など・・・すべて僕はポピュラーだと思っていた・・・

13th Floor ElevatorsとThe Lovin’ Spoonfulは、ローリー・シモンズもお気に入り。


Johnny Kidd & The Pirates / That’s All You Gotta Do
The Flamin’ Groovies / Teenage Head
The Pretty Things / Come See Me
Small Faces / Tin Soldier
Les Fleur De Lys / Mud in Your Face
The Motions / Wasted Words
The Smoke / Defeat Retreat
The Creation / Making Time
13th Floor Elevators / You’re Gonna Miss Me
The Electric Prunes / Are You Lovin’ Me More
The Lovin’ Spoonful / Jug Band Music
Ultimate Spinach / Dove in Hawk’s Clothing
Kaleidoscope / Flight From Ashiya
The Turtles / Eve of Distruction
Bear / Greetings

んで、その2、こっちが僕にとってはメイン!
もし誰かがこのリストの9割知ってたら、無条件で友だちになれそうだってくらいの曲たちだ。

Dan Penn / Nobody’s Fool
Andwella / Saint Bartholomew
Chris Smither / Lonesome Georgia Brown
Ernie Graham / Sebastian
Heron / Little Boy
Karen Dalton / Something on Your Mind
Larry McNeely / Mississippi Water
Mary Hopkin / Streets of London (ダメならRalph McTellのオリジナル)
Mr.Fox / Elvira Madigan
Ronnie Lane & The Band “Slim Chance” / Roll on Babe
Tim Hardin / Black Sheep Boy (ほらほら、誰かがRadio Clashでもかけてたぜ!)
Vashti Bunyan / Come Wind Come Rain
Bob Martin / Captain Jesus
Marc Ellington / Oh No It Can’t Be So
Donovan / Universal Soldier
Roger Tillison / Yazoo City Jail
Tony kosinec / ’48 DeSoto
Geoff & Maria Muldaur / Trials, Troubles, Tribulations
Mark LeVine / Going To The Country
Thoughts & Words / Today Has Come
Bert Jansch / Needle of Death
Eddie Mottau / Whistle a Tune
Christpher Keaney / Country Lady
Shelagh McDonald / Rod’s Song
Brian short / With You on My Side
Rosie Hardman / Four Golden Letters

もしも、僕の作品に対してオーディエンスが直情的なPunk以外の影響を認めるならば、それはこうした曲をPunkに出会うまで聴き続けていたからだろう。

しかも、当時でさえ、ある種の孤独感を僕は抱えていて、このような歌というジャンルを通して友と出会いたかったのだと思う。中学2年で同じクラスになったコウタくんは、ずっと会ってないけど、これらの歌を聴いてると、いつでも会えそうな気がしてくるくらい、一緒にレコードを聴いてたと思う。

Punkに出会ってから、僕は高校までの友だちと話が合わなくなっていって、20歳を過ぎる頃には、誰とも音信不通になってしまった・・・

今、少しは過去を振り返れるようになり、やっとあの頃に背伸びして聴いてた曲たちがリアリティを持って、胸に響きだしたんだ。

もし、いや、多分、ん~、きっと、この曲たちのCD化がポシャっても、僕は自分ひとりで勝手にコンピCDを焼いて、コウタくんに渡せば良い気がしてきた!

あの頃の、少しませてた自分たちの友情に!乾杯!

この曲たちを聴きながら、心の中で一言二言、おとなしいふうに語りながら・・・・





    ・・・・・ あ!Gentle Soulのあの曲入れるの忘れてる!!!  けど、ま、い~か!
[PR]
by ynfoil | 2010-07-04 02:23 | music | Comments(0)