奈良美智の日々

カテゴリ:music( 19 )

親父ロック部 部活 5月ノ巻



5月1日放送 忌野清志郎特集


1  トランジスターラジオ / RCサクセション
2  僕の好きな先生 / RCサクセション
3  大きな春子ちゃん / RCサクセション
3  わかってもらえるさ / RCサクセション
4  君が僕を知ってる / RCサクセション
5  久保講堂ライブ1980年4月5日 MC(仲井戸麗一)
6  スローバラード(Live)/ RCサクセション
7  Dock of the Bay / Otis Redding
8  A Shell of A Woman / Doris Allen
9  いい事ばかりはありゃしない(Live) / RCサクセション
10 雨上がりの夜空に(Live)/ RCサクセション
11 悲しみをぶっとばせ / 仲井戸麗一
12 ラクに行こうぜ / 忌野清志郎
13 あの娘のレター / RCサクセション
14 サマータイム・ブルース / RCサクセション
15 激しい雨 / 忌野清志郎
16 17歳 / 南沙織
17 Oh! RADIO / 忌野清志郎


5月8日放送 Neil Young特集 その1

1. The Loner / Neil Young
2. Cinnamon Girl / Neil Young with Crazy Horse
3. Everybody knows this is nowhere / Neil Young with Crazy Horse
4. Down by the river / Neil Young with Crazy Horse
5. Tell me why / Neil Young
6. after the gold rush / Neil Young
7. Only love can break your heart / Neil Young
8. Don’t let it bring you down / Neil Young
9. See the sky about to rain / Neil Young
10. Heart of Gold / Neil Young
11. Alabama / Neil Young
12. Grave Concern / Graham Nash
13. Oh! Camil / Graham Nash
14. Walk on / Neil Young
15. Ambulance Blues / Neil Young
16. Don’t Cry No Tears / Neil Young
17. Imagine / Neil Young


5月15日放送 Neil Young特集 その2

1.Barstool Blues / Soul Asylum
2.Winter Long / Pixies
3.Where is my Mind / Pixies
4.Captain Kennedy / Nikki Sudden
5.I Miss You / Jacobites
6.Only Love can break your Heart / Florence and the Machine
7.Pocahontas / Johnny Cash
8.Heart of Gold / The Polyphonic Spree
9.Cinnamon Girl / Foo Fighters
10. After the Gold Rush / Thom Yorke
11. Tell Me Why / Radiohead
12. Tell Me Why / Neil Young
13. Tell Me Why / Norah Jones
14. Both Side Now / Joni Mitchell
15. Hey Hey, My My / Noel Gallagher
16. My My, Hey Hey / Neil Young
17. Thrasher / Neil Young
18. Keep on Rockin’ in the free world / Neil Young


5月22日放送 ボブ・ディラン特集 その1

1.You’re no good / Bob Dylan
2.Song for Woody / Bob Dylan
3.House of the Rising Sun / Bob Dylan
4.Blow in the Wind / Bob Dylan
5.Girl from the North Country / Bob Dylan
6.Girl from the North country / The Star Bugs
7.Don’t Think Twice, it’s All Right / Bob Dylan
8.The times, They are A-Changin’ / Bob Dylan
9.The times, They are A-Changin’ / The Star Bugs
10.The Lonesome Death of Hattie Carroll / Bob Dylan
11.My Back Pages / Bob Dylan
12.My Back Pages / The Byrds
13.Mr. Tambourine Man / Bob Dylan
14.It’s all over now, baby blue / Bob Dylan
15.Like a Rolling Stone / Bob Dylan
16.Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again / Bob Dylan
17.John Wesley Harding / Bob Dylan
18.All Along The Watchtower / Bob Dylan
19.Lay Lady Lay / Bob Dylan
20.Girl from the North Country / Bob Dylan with Johnny Cash


5月29日放送

1.Eve of Destruction / The Shy
2.Another Girl Another Planet / The Only Ones
3.Daydream Believer / The Monkeys
4.Golden Age of Rock ’n’ Roll / Motto the Hoople
5.Please Mr. Postman / The Marvelettes
6.Be my Baby / The Ronnetes
7.I'd Like To Teach The World To Sing / The New Seekers
8.Brand new Key / Melanie
9.99 Luftbaloon / Nena
10.Only You / YAZOO
11.Friday I’m in Love / The Cure
12.Debaser / Pixies
13.Another Girl Another Planet / Lower East Side Stitches
14.木綿のハンカチーフ / 太田裕美
15.2-4-6-8 Motorway / Tom Robinson Band
16.Boredom / Buzzcocks
17.Jet Boy / New York Dolls
18.Friction / Television
19.Stalingrad / Tom Verlaine
20.(White Man) In Hammersmith Palais / the Clash
21.Two Punks / The Mods
22.Street Fighting Man / The Mods
23.Kill the Poor / Dead Kennedys
24.für immer Punk / Die Goldenen Zitronen
[PR]
by ynfoil | 2016-06-12 21:49 | music | Comments(7)

親父ロック部 部活 4月ノ巻

渋谷親父ロック部

4月3日放送 第一回!


1.Nobody’s fool / Dan Penn
2.Saint Bartholomew / Andwella
3.Something on your Mind / Karen Dalton
4.Mississippi Water / Larry McNeely
5.Southbound Train / Crosby & Nash
6.American Dreamer / Gene Clark
7.明日なき世界 / RCサクセション
8.Eve of Destruction / P.F.Sloan
9.Eve of Destruction / The Turtles
10.Nobody’s Child / Agnes Chan
11.Top of the World / Agnes Chan
12.You’ve got a friend / Agnes Chan
13.白い色は恋人の色 / ベッツィ&クリス
14.トンネル天国 / ザ・ダイナマイツ
15.亜麻色の髪の乙女 / ヴィレッジ・シンガーズ
16.太陽野郎 / 寺内タケシとバニーズ
17.JUMP / 忌野清志郎
18.毎日がブランニュー / 忌野清志郎


4月10日放送

1. Man without a name / Andwella’s Dream
2. My back pages / The Byrds
3. Only a hobo / Heron
4. Little new jersey town / Sammy Walker
5. Sailing / Sutherland Brothers
6. Venus / Shocking Blue
7. I fought the law / The Crickets
8. I fought the law / Mike Ness
9. Rock’n’Roll band / Matchbox
10. 恋のマジック・ドライヴィン / ザ・マックショウ
11. Rock’n’Roll / The Velvet Underground
12. All the Young Dudes / Mott the Hoople
13. 20th Century’s boy / T.Rex
14. Making Time / The Creation
15. Bus Stop / Hollies
16. A world without love / Peter & Gordon
17. Brown and Porters (Meat Exporters) Lorry / Freddie & the Dreamers
18. Do you believe in magic? / Lovin’ Spoonful
19. 青春の坂道 / 岡田奈々
20. 教えてください神様 / 天馬ルミ子
21. (時間が無くてかかんなった・・・) 20th Century Baby / T.Rex


4月17日放送

1.香り / 外道
2.そんな/ 外道
3.Yellow Monkey / 外道
4.ビュンビュン/ 外道
5.どうしようかな / 村八分
6.水たまり / 村八分
7.ふざけるんじゃなえよ / 頭脳警察
8.光り輝く少女よ / 頭脳警察
9.Big Headed Woman / Speed, Glue and Shinki
10.Run & Hide / Speed, Glue and Shinki
11.House of Rising Sun / Flower Traveling Band
12.21th Century Schizoid Man / Flower Traveling Band
13.12月の雨の日 / はっぴいえんど
14.はいからはくち / はっぴいえんど
15.自由への長い旅 / 岡林信康
16.私たちの望むものは / 岡林信康


4月24日放送

1  つんのめってるんだ / あがた森魚
2  赤色エレジー / あがた森魚
3  君はハートのクイーンだよ / あがた森魚
4  漆黒の雨 / あがた森魚
5  春の調べ / あがた森魚
6  薔薇瑠璃学園 / あがた森魚
7  B2 / bloodthirsty butchers
8  Super Group / 少年ナイフ
9  sushi bar song / 少年ナイフ
10 世界地図 / 少年ナイフ
11 セイウチの歌 / 少年ナイフ
12 NO FAN / noodles
13 恋する日曜日 / ミミ
14 Move On / 少年ナイフ
[PR]
by ynfoil | 2016-06-12 21:45 | music | Comments(2)

R.I.P. Bowie

デヴィット・ボウイが逝ってしまった。
闘病しながらも素晴らしいアルバムを残してくれた。
1月8日、彼は69歳になり、ニューアルバム『Blackstar』をリリースした。
『Blackstar』という名前からして、死と向き合い作られたに違いない。

そして、その2日後に彼は旅立った。

ボウイは中学生の頃に、Ziggy Stardustとして出会った。
歌もサウンドもヴィジュアルも全部カッコ良くて、すぐにファンになった。
自分の中では、サウンドが変わり、映画に出てても、ずっとZiggyだった。
しかし、彼自身はZiggyにプレッシャーを感じたのか、
『Pin Ups』というカヴァーソング・アルバムを出した後、Ziggy Stardustを捨てていた。
ツイッギーと並んでる写ってるPin Upsのジャケは、もうZiggyじゃないと語ってた。

でも、そんなことお構いなしに、Ziggy Stardustはずっと僕のヒーローだった。

空から地球に落ちて来たZiggy Stardustは、宇宙へ帰っていったんだ。


最後まで真摯にオーディエンスに向った表現者。
死までもコンセプトアルバムのように昇華させてしまう。


かつて、Joey Ramoneがそうだったように・・・
そうだ、Joeyは癌と闘ってることを公表することなく、歌い続けた。

Adios Amigos (さらば、友よ)はRamones最後のアルバムだ。
タイトルがスペイン語なのは、世界的に見て南米に多くのファンがいたからだと思う。
記録映像を観ると、南米での彼らはBeatlesの映画並みのアイドルだ。
90年代の中ごろからJoeyが癌の専門病院に通うのが目撃されていた。
Joeyもまた、死と向き合いアルバムを制作したのだ。
Adios Amigosの中の1曲Life's a Gas (人生は泡)は、
死を迎えるものから、残された僕らへのメッセージソングだ。


  人生は泡のようなもんだ 現れては消えていく 泡のようなもんなんだ 
  人生は泡だ 泡みたいなもんだ 現れては消えてく 泡なんだ

  でも悲しむことはない 俺はここで歌ってるんだぜ 悲しむことなんてない (奈良訳)


"Life's A Gas"

Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea
Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea

So don't be sad cause I'll be there
Don't be sad at all

Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, a gas, oh yea
Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, a gas, oh yea

So don't be sad cause I'll be there
Don't be sad at all

Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea
Life's a gas, Life's a gas, Life's a gas, a gas, oh yea

So don't be sad cause I'll be there
Don't be sad at all


見上げる冬の夜空で瞬くたくさんの星の中、僕のヒーローたちは輝き続けているんだ。

時々、いい歳して青っぽいことばっかり言ってる自分が恥ずかしくなったりする。
でも、大好きな歌を大音量で流せば、あの頃に戻ってる自分がいるんだ。

いつも前向きに、いつ死んでもいいように精一杯、毎日を生きていれば何も怖くはない。
誰だっていつかは、あの星屑の中の一員になれるんだ。
自分らしく輝く星になれるように、星空に誓おう。
[PR]
by ynfoil | 2016-01-12 01:17 | music | Comments(7)

Reach out to the moon, even if we can't.

Today 21st August is the anniversary of the Birth of Joe Strummer.

「月に向かって手を伸ばせ、たとえ届かなくても」


I FOUGHT THE LAW

Breakin rocks in the hot sun
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I needed money cause I had none
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won

I miss my baby and I feel so sad
Guess my race is run
Shes the best girl that I ever had
I fought the law and the law won
I fought the law and the

Robbin people with a six-gun
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I miss my baby and miss my fun
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won

I miss my baby and I feel so sad
Guess my race is run
Shes the best girl that I ever had
I fought the law and the law won
I fought the law and the

I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I fought the law and the law won
I fought the law and the
[PR]
by ynfoil | 2015-08-21 03:03 | music | Comments(3)

Ronnie Lane & the Band Slim Chance

NHK FMの深夜放送『夜のプレイリスト』っての、今週は自分がパーソナリティ。

今日はRonnie Lane、懐かしくも、いつも傍にある音楽のひとつだ。
いったい何人の人々が、この放送に耳を傾けてくれてるのかわからないけど、
こうして好きな音楽を紹介するのが昔から好きだった。

高校の時、中学の先輩とガレージを改装してロック喫茶を作った。
つうか、先輩が自分を誘ってくれたのがうれしかった。
その先輩は地元をベースに歌を歌ってた人で、10歳くらい年上だったかな。
彼が秋田とか仕事に行くときは、誘われてローディのようについてった。
今思えば、とても気に入られてたんだと思う。

店作りは、高校生の自分にはとても楽しくて、
板ガラスを切って窓枠作ってはめ込んだ。
木の板を彫り込んで看板を作った。(けど、盗られちゃったな!)
そんなDIYな感じが、後々grafの人々と小屋を作るプロジェクトに発展したのかな?
若い時の体験って、今思うと、そうだったんだ!って納得することばっかし。

そのロック喫茶は『33 1/3』という名前で・・・そう!LPレコードの回転数33 1/3 r.p.m。
僕はそこでレコードをかけたり、購入するレコードを選んだりしていたんだった。
これはどうだ!?っていうレコードかけて、音楽好きの大学生たちの反応を楽しんでた。
最初は好きでやってたんだけど、そのうちサーブなんかも手伝いし出して、バイト料もらってたっけ。

なんだか自分の店のようにふるまってた気がするけど、
高校を卒業してからは、田舎に帰ることもなくて疎遠になってった。

オーナーの先輩は、いつのまにか亡くなって、店も終わった。

僕は今も昨日のことのように思い出す。
先輩や面白い大人の人たちと一緒に店を作った日々を。
いろんなことが自分を作っている。

進学校の明るい落ちこぼれ。
ロック好きで女子大生好きの不良。
大学生相手のタメ口野郎。

高校生の時に、あがた森魚さんに会い、デビューしたての友川かずきさんにも会った。
ストリップ嬢のジローさんにも出会い、タコ八郎さんや、はみだし劇場の人々にも出会った。
ライブハウスでバイトして(つうか、チケットさばいて自分はタダで観てた)ミュージシャンたちにも会った。
どこにいても自分は一番年下で、みんな優しく接してくれてた。

上京して、いろんなことに出会っても、ちっとも驚かないくらいの経験を田舎でしてたんだな。

カッコいい大人たちに囲まれてたな・・・
あの時代、70年代って、やっぱ特別だ。
みんな羨ましがるだろうよ~。

あの頃、多感な10代で、ちょっと年上の変な大人たちに知り合えた。
・・・宝物って、そういうことなんだろうかなぁ~。

さてさて、昨日今日とラジオであの頃聴いてた曲をかけた。
明日も、あの頃、宝物のおすそ分けのように、喫茶店でかけてた曲を流そう。
つか、収録はすでに終わってるんだけどもさぁw

あ~~~俺って、ほんと、マジに深夜放送世代。
電波でもって交信したいぜ~~~~。
[PR]
by ynfoil | 2015-05-06 04:08 | music | Comments(29)

REDEMPTION SONG

原曲はボブ・マーリィだけど、このジョー・ストラマーの声も好きだ。
この動画↓の壁画はNYCのNiagaraというバーの外壁で、中に入ると僕が描いたものがあります!


REDEMPTION SONG

昔 略奪者どもはこの俺を力づくで捕らえ
奴隷商人の船に売っ払った
そのすぐ後で 奴らは絶望のどん底に突き落とされた俺を買い取った
だが 俺の手は頑丈にできている
全能の神が授けてくれた手だ
大いなる誇りを持って
この時代を進んでいく
俺が今まで歌ってきたのは
全て解放の歌だ
この自由の歌を
一緒に歌ってくれないか
なぜなら俺が今まで歌ってきたのはすべて救いの歌だ
救いの歌だけなんだ

精神的奴隷の状態から
自分自身を解放せよ
俺たちの精神(こころ)を解き放てられるのは
他の誰でもなく 俺たち自身なのだ


原子力など恐れるな
やつらに時まで止めることはできやしない
あまりにも長いこと 奴らは
俺たちの予言者を殺し続けてきた
俺たちは傍観していただけだった


あるものはそれは聖書に
書かれているという
そして 俺たちは
予言の書を
完成せねばならない

この自由の歌を
一緒に歌ってくれないか
なぜなら 俺が今まで歌ってきたのは
全て救いの歌だけだ
そう 俺の歌ってきた歌は
すべて救いの歌なんだ

Old pirates yes they rob I
Sold I to the merchant ships
Minutes after they took I
From the bottomless pit
But my hand was made strong
By the hand of the almighty
We forward in this generation
Triumphantly

Won't you help to sing, these songs of freedom
Cause all I ever had, redemption songs
Redemption songs

Emancipate yourselves from mental slavery
None but ourselves can free our minds
Have no fear for atomic energy
Cause none of them can stop the time
How long shall they kill our prophets
While we stand aside and look
Some say it's just a part of it
We've got to fulfill the book

Won't you help to sing, these songs of freedom
Cause all I ever had, redemption songs
Redemption songs, redemption songs

Emancipate yourselves from mental slavery
None but oursekves can free our minds
Have no fear for atomic energy
Cause none of them can stop the time
How long shall they kill our prophets
While we stand aside and look

Yes some say it's just a part of it
We've got to fulfill the book

Won't you help to sing, these songs of freedom
Cause all I ever had, redemption songs
All I ever had, redemption songs
These songs of freedom, songs of freedom...


☆ 日本語訳はここからの転載です。Thanx! → Roots Ethiopia
[PR]
by ynfoil | 2014-07-31 23:37 | music | Comments(0)

Rock'n'Roll Radio!

Do you remember Rock 'n' Roll Radio?


"This is rock 'n' roll radio, Come on, let's rock 'n' roll with the Ramones "

ロックン、ロックンロール・ラジオ!行くぜ!
ロックン、ロックンロール・ラジオ!行くぜ!
ロック!ロックンロール・ラジオ!レッツ・ゴー!
ロック!ロックンロール・ラジオ!レッツ・ゴー!

フラバルーを覚えてるかい?
アップビートやシンディグやエド・サリヴァンは?
ロックンロール・ラジオを覚えてるかい?
ロックンロールのラジオ番組だよ!覚えてるかい?

マリー・ザ・Kを覚えているかい?
アラン・フリード、ハイ・エナジー!
もう終わりだぜ!70年代の終わりだ!
そう、終わりなんだ!今世紀の終わりだぜ!

思い出してくれよ!ベッドに横になって、シーツにすっぽり包まってた自分を!
ラジオから音楽だけが流れてた、一人ぼっちのあの部屋を!

俺たちは変わんなきゃ!駆け足で!
ロックがただの過去に成り下がる前に!
最近の音楽なんてマンネリだろ?

ロックン、ロックンロール・ラジオ! 行くぜ!
ロックン、ロックンロール・ラジオ! 行くぜ!
ロック!ロックンロール・ラジオ! レッツ・ゴー!
ロック!ロックンロール・ラジオ! レッツ・ゴー!

ジェリー・リーを忘れてないだろ?
ジョン・レノンにT.レックス、オル・モルティ!  (注・モルティはバーバリアンズの左手義手のドラマー)
終わりだ!70年代の終わりだ!
終わりだ!今世紀の終わりだ!

思い出してくれよ!ベッドに横になって、シーツにすっぽり包まってた自分を!
ラジオから音楽だけが流れてた、一人ぼっちのあの部屋を!

俺たちは変わんなきゃ!駆け足で!
ロックがただの過去に成り下がる前に!
だって、最近の音楽なんてマンネリだろ?

ロックン、ロックンロール・ラジオ! 行くぜ!
ロックン、ロックンロール・ラジオ! 行くぜ!
ロック!ロックンロール・ラジオ! レッツ・ゴー!
ロック!ロックンロール・ラジオ! レッツ・ゴー!

"This is rock 'n' roll radio,Stay in tune for more rock'n'roll"
[PR]
by ynfoil | 2014-07-17 04:17 | music | Comments(0)

10 (11) songs for Music Portrait NHK E-tele

NHK Eテレの番組のために選んだ曲たちの解説!

M1  ♪  太陽野郎 / 寺内タケシとバニーズ  小学2年生

歌詞が好きだった。当時意識はしていなかったけれども、耳に残るギターの音色にもやられたと思う。
自分と同じような両親共働きの友だちと、冒険や青春っぽい友情に憧れて、小学2年の時に電車に乗って終点まで行ってみる。すでに暗くなった帰りの電車の中で、親切すぎるおばさんに捕まり、警察を呼ばれて補導された。
なにかしら外に飛び出し自由になることに憧れ始め、AMラジオから流れる米軍放送の意味すら分からないアメリカの歌が魅力的に感じられて、いつも聴いていた。自分の中のポジティヴな面は、幼年期に聴いたこの曲に由来している気がする。


M2 ①♪ スターマン / David Bowie  中学1年生

Ziggy Stardustという宇宙からやってきた架空のシンガーがSpiders from Marsというバックバンドを従えて発表したDavid Bowieのコンセプトアルバム。5年後に世界は消滅するというコンセプトの元、子供たちの味方Ziggyが歌う。このアルバムの曲はもちろんジャケットも空想を掻き立てるに充分で、David Bowieを代表とする当時のグラム・ロックのミュージシャンたちのヴィジュアルにも衝撃を受けた。また、グラム・ロックに限らず、アメリカ、イギリスのロックを幅広く聞き始め、メインのシンガーだけではなく、バックミュージシャンたちにも興味を持って、好きなバックミュージシャンが参加しているアルバムを探して買ったりし始めた。参考書を買うと嘘をついてレコードばかり買っていた。その嘘がバレないようにテストでは良い点をとるように勉強もした。

M2 ②♪ Blitz Krieg Bop / Ramones  高校2年生

中学の時は勉強しないでも成績が良かったが、高校は昔からの進学校。あっという間に勉強は出来なくなり劣等生に。しかし、ロック喫茶やその手のイベントなどでバイトするようになり、参考書を買うという嘘をつかずにお金を得て、さらにレコードを集め出す。かなりマニアックな集め方をするようになって、中学の先輩とガレージを改造したロック喫茶を手作りして、レコードブースでDJをする。そこに集う大学生たちにロックを教える側の立場となった。当時のアメリカのヒッピーカルチャーに触れ、年齢の割には大人っぽく、ヒッピーに憧れたりもしたが、RAMONESのデビューアルバムを聴いて、体に衝撃が走った。それは頭で考えるよりも、10代の衝動のままに体を動かし何かに向かって拳を振り上げるというもので、The Clashの登場により社会に向けての反発、反体制的な歌に興味が移っていった。


M3♪ ユニバーサル・ソルジャー / Donovan  20才

高校卒業後、上京して、古いもの新しいもの、いろいろとレコードを集め続け、ライブに通った。1980年、20歳の時に武蔵美2年次用の学費を使ってヨーロッパへ3か月の一人旅に出る。ヒッピーが集まるようなフラワームーブメント的な共同体の名残のある宿では、60~70年代のサブカルチャー的な音楽知識が役に立ち、その手の人々と仲良くなる。また街角にたむろするパンクスたちとも、パンクミュージックの知識を共有できて仲良くなれた。美術館での作品鑑賞よりも街や宿での出会いが楽しく、自分を育ててくれたと思う。美術に対しては何も考えなかったが、音楽や小説、映画などの同時代的な文化が、言葉を超えて共有でき、共感できることを体感した。ヒッピーの生き残りのような人たちに会っても、温かく迎えてくれて、その場にあるレコードの中から、この曲を選んでかけたことがある。ベトナム戦争への反戦歌だが、ベトナムにこだわらず戦争という人間同士の戦いの矛盾とやるせなさを歌っている。

M4♪  Radical real rock / The star club  24才

武蔵美の学費を使い込んだことを隠すために、学費の安い公立大学を受験して合格し、それ以降は仕送りを断りバイトで生活し始める。知識を生かしてレコード屋、造園屋などでバイトする。大学の後半は予備校講師のバイトをするが、バイト代は高給だった。しかしながら、生徒たちに先生として理想を語ることで、逆に自分を見直すことになり、『本当に学ばなければならないのは自分だ』と痛感するようになって、制作にも真面目になるが、海外で学んでみたいという野望が生まれる。当時は主に海外の音楽を聴いていたが、日本のパンクにも触れるようになり、名古屋のパンクバンドのライブに通う。同世代である名古屋出身のThe STAR CLUBの曲には共感するところが多く、以後多くのドローイングに歌詞の引用をするようになる。しかしながら作家として生きていこうという姿勢はまだ持てていなかった。


M5♪ für immer Punk / Die Goldenen Zitoronen  ドイツ時代

入学試験を受け、運よくデュッセルドルフ芸術アカデミーに入学できた。デュッセルドルフはかつてジャーマン・ニュー・ウェイヴで有名な街で、KraftwerkやDer Plan、DAFが演奏していたライブハウスRatingerhofに通い、またドイツのパンク・シーンにも触れる。この頃、インディーズバンド『Birdy Num Nums』に頼まれて、レコードジャケットに絵を提供する。言葉の不自由さは、ライブで空間を共有することや、音楽やサブカルチャーという共通項でかなり克服していたと思う。そして、アカデミーのみんなが自分の作品を教室(アトリエ)に観に来るようになり、作品を通して自分の言いたいことが伝わっているのだという実感も持ち始める。この頃は、パンクよりもポスト・パンク、グランジ、6、70年代のロックから影響を受けたようなロックを主に聴いていたが、お気に入りのバンドはハンブルク出身のパンクバンド『Die Goldenen Zitoronen』だった。『fur immer Punk = 永遠にパンク』という曲は、途中にUKパンクの名曲、Sham69の『If the kids are united』 の一節が挿入されている。ドイツの有名画廊で個展を行うようになり、友人たちはみんな喜んでくれた。国や団体の奨学金でやってくる普通の留学生とは違い、1年生から彼らと一緒だった自分は、幸運にも国や文化を背負ったようなプレッシャーやエリート意識が無かったため(?)か、みんなの代表的に思われていた節がある(後に「きみの活躍は僕らの誇りだ」と言われました~)。異国で孤独にいることで、幼児期の感性が取り戻され、また言葉を超えた共通言語としての音楽などを美術表現にも意識するようになったと思う。が、ここまでで重要なのは、すべて自ら発見したことではなく、偶然にも良い出会いや環境がそろっていたからです。自分の気持ちは、いつも、いつまでも、子供の時のまま、上京した時のまま、ヨーロッパを放浪した時のままであったと思う。ヨーロッパの宿や街角で出会ったように、学校でも友だちが出来、得意な絵で、分かり合える仲間とコミュニケーションしていたと思います。


M6 ♪  GT400 / Thee Michelle gun Elephant  日本へ帰国後

日本では(いつの時も新しいものに慎重な)美術関係者よりも、ファッション雑誌や総合文化雑誌などでの紹介のほうが早く、また自分の作品が持つ親しみやすくわかりやすいイメージも相まって、早くから一般に浸透した感がある。それはまた、表層を見ることに終始し、深く観ないというマイナスの側面も生んだと思う。帰国後、美術作家というよりもミュージシャンや芸能人のような扱いをされる時もあり、ファン層だけではなくメディアに対しても戸惑いがあった。そんな時、「そんなことはもうどうでもいいや!」と思っていたが、この歌が発表された時、大声で一緒に歌う自分がいた。それでも展覧会の会場や美術好きの集まるところ以外で声をかけられることは少なく、自由に暮らし制作していたと思う。しかし、この頃から制作や見せることに対する意識が少しずつ高くなり、多少の責任感が生まれ始めたと思う。2000年秋に帰国後は福生の米軍基地の滑走路に隣接する小さな倉庫を借りて(都心に比べて家賃が安かったのと、ステレオのヴォリュームを上げても大丈夫だったため)、そこで生活しながら制作していた。


M7  ♪ Ronnie Lane and The Band Slim Chance / The Poacher  A to Z後
  
ひとりで制作してきたが、自然な出会いというよりは人間関係で紹介される人や仕事で出会う人が多くなり始め、その流れでコラボレーションなどをするようになっていった。同じ目標に向かってする協働作業は楽しく、完成した時の喜びも倍増して、学園祭のような時期だったと回想する。ただ、その楽しさや協働制作の影で、自分本来の制作意識に曇りが生じ始めたことも確かだったが、みんなでワイワイやる中で、真剣に考えることはなかった。それでも、以前から誘われていた信楽(陶芸の森美術館)での陶器作品のレジデンス制作に行き、日々、ひとりで土に向うことがイコール自分と向かい合う、再び(ドイツでの体験のように)自分を見つめなおすことに繋がったのは、何かしら生き延びようとする野生の本能の成せたことだと今は思う。

これらの体験、音楽や出会いや制作や、それらにまつわる思考は実に複雑な積層をなしている。そのような事象は、自分の作品の表層からは伝わりにくいだろうし、簡単に伝わって欲しくないという想いもある。パーティバンドと呼ばれた70年代当時の大人気バンドFacesを自ら脱退したRonnie Laneが個に立ち返り、Facesの代名詞である『酒好きのバカ騒ぎロック』から自分が本来やりたかったものを作ったのがアルバムAnymore for Anymore。その中からの1曲。この時のロニーのバンド『Slim Chance = わずかなチャンス』という名前も好きだった。


M8  ♪ universal soldier / first aid kit   震災後

震災後は、10代の頃に聴いたマイナーレーベルのフォークやフォークロック、イギリスのトラッドなど語りかけるような優しい音楽や、人々の暮らしの中にあるような伝統的な音楽や、そのロックとしての変化形のようなものばかり聴いていた。それは、grafとの協働作業に区切りをつけ、再び自分を見つめなおす時期から聴きなおしていた、10代の頃パンクに出会う以前に聴いていた曲たちの延長線上にあるようなものであった。特にスウェーデンの姉妹デュオFirst Aid Kitが歌う(今の世界状況に合わせて歌詞が変わっている部分があるが)かつて好んで聴いていたDonovanの曲universal soldierのカバーは心に沁みた。


M9 ♪ World Top Dreamer / 八田ケンヂ  最近

僕はいつまでも10代、20代、30代、40代の頃の自分であり続けたい。先生扱いされるのも嫌だし、流行りものとも、すでに終わった流行とも捉えられたくない。今、現在進行形で生きているこの最中に、たとえそれが良いものであるとしても断定的な評価を下されるのも嫌だ。正直言うと、人気者になったような現在の状況よりは、無名で何の発表の予定もないままに時間を気にすることなく毎日絵を描いていたドイツ時代に戻りたいとさえ思っている。しかし、時間は進んでいくものだ。駆け抜けるように過ぎ去ってしまった時間に漂っている虚無感は、実感を伴わずにハイスピードで走ってきた自分にも原因があるのだろう。いろいろな素材を使うことで、表現することの基本に立ち返ろうとしている自分がいる。その気持ちは、美術だとか芸術だとか定義できるようなものに立脚してはいない。子供の頃からの、何かしらから自由になりたいと夢見ている気持ちの延長線上にあるものなのだ。だから、何度失敗しようとも無視されようとも否定されようとも、今までしてきたように絵を描き生きていくつもりだ。この曲は10代で日本のビートパンクの旗手のごとくデヴューして、当時は圧倒的な人気を誇ったKenzi & the tripsのKenziこと八田ケンヂが、低迷を続ける中で人生を振り返りながらも再び前を向き、変わらない気持ちを再確認した歌だ。僕はこの歌に自分を重ねる。そうしていると、自然と力が湧き上がってくるのを感じる。
    

M10 ♪ voyage of the moon / Mary Hopkin   人生最後に聴く歌

70年代、人気絶頂期のドノヴァンが、あまりにも拡大されてしまったファン層や音楽業界から離れ、小さな島に移住して作ったアルバム『HMS Donovan』というアルバムに収められている曲。元々はビートルズが作ったレコードレーベル『アップル』からリリースされる最初のシンガー、後にアップルの歌姫と呼ばれるMary Hopkinのためにドノヴァンは作った。さすがに歌を提供されたMary Hopkinが歌うこの曲は素晴らしく、小学5年生の頃に聴いて以来頭から離れないでいる。自分がこの世を去る時は、やっぱり夜がいい。できれば静まり返った深夜、満月の夜に旅立っていきたい。

その後、大成功をおさめたメリー・ホプキンであったが、商業主義的なアップル・レコードを去り、自身の母語であるウェールズ語で歌い始める。それは、ヒットするために書かれたものでも、プロモーションを必要とするものでもなく、自然の中から静かに語りかけるような、心温まるフォークソングであった。
[PR]
by ynfoil | 2014-07-03 23:59 | music | Comments(0)

GOOD BYE WE-LOW HOUSE

あいちトリエンナーレも閉幕して、我がWe-LOW HOUSEも解体を終えた。

期間中、ハウス内カフェスペースで流れていたのは『奈良の素』と称する音楽。
自分が10代の時に聴いていた音楽をMixしたCD集だ。

これがそのダイジェスト版 ・・・ ↓ 泣けるぅ~~~♪

f0232272_117685.jpg

[PR]
by ynfoil | 2013-11-11 01:20 | music | Comments(0)

Mr. Tambourine Man  by Bob Dylan

 
  Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
  I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
  Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
  In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

  ヘイ! ミスター・タンブリンマン 1曲やってくれよ
  行くあてなんてないし 眠たくもないんだからさ
  ヘイ! ミスター・タンブリンマン 1曲やってくれよ
  その音が鳴り響く朝まで あんたについて行くからさ
    

  Though I know that evenin's empire has returned into sand,
  Vanished from my hand,
  Left me blindly here to stand but still not sleeping.
  My weariness amazes me, I'm branded on my feet,
  I have no one to meet
  And the ancient empty street's too dead for dreaming.

  闇迫る帝国は砂のように 俺の掌をすり抜け落ちていくんだ
  光を失ったように ただここに立ち尽くさせてくれよ
  酷く疲れて、俺は踏み出せやしないし
  会う人なんていやしない
  誰もいない昔の通りは 夢見るにはもう終わってるんだ

    
  Take me on a trip upon your magic swirlin' ship,
  My senses have been stripped, my hands can't feel to grip,
  My toes too numb to step, wait only for my boot heels
  To be wanderin'.
  I'm ready to go anywhere, I'm ready for to fade
  Into my own parade, cast your dancing spell my way,
  I promise to go under it.

  君のイカした魔法の船で 僕を連れてっておくれよ
  感覚がマヒしちゃってさ 握る手の感覚も無いんだよ
  踏み出すには つま先は疲れちゃってるし
  ぶらつくにも ブーツの踵の出方を待ってるだけなんだ
  どこにだって行けるし 自分だけのパレードに紛れて消え去ったっていい
  踊るような君の言葉に乗って パレードしたっていいんだぜ
 

  Though you might hear laughin', spinnin', swingin' madly across the sun,
  It's not aimed at anyone, it's just escapin' on the run
  And but for the sky there are no fences facin'.
  And if you hear vague traces of skippin' reels of rhyme
  To your tambourine in time, it's just a ragged clown behind,
  I wouldn't pay it any mind, it's just a shadow you're
  Seein' that he's chasing.

  お日様に照らされながら バカみたいに笑い転げるのが聞こえるのかもしれない
  それは誰かのためってわけじゃなくて ただ逃げ回っているだけなんだよ
  だけどすべては見透かされてるんだ
  タンバリンがリズミカルに響いたら きっと後ろにしょぼい道化師がいるぜ
  でも気にすることはないんだ 追いかけてくる影を見てるだけなんだからさ


  Then take me disappearin' through the smoke rings of my mind,
  Down the foggy ruins of time, far past the frozen leaves,
  The haunted, frightened trees, out to the windy beach,
  Far from the twisted reach of crazy sorrow.
  Yes, to dance beneath the diamond sky with one hand waving free,
  Silhouetted by the sea, circled by the circus sands,
  With all memory and fate driven deep beneath the waves,
  Let me forget about today until tomorrow.

  それからさ 心の中の煙の輪を貫いて 俺を消し去ってくれよ
  霧の廃墟へ 憑りつかれて怯える木々の葉が凍てつく 遠い過去へ
  狂気の悲しみにねじ曲がる腕から 遠いところへ
  そうさ 片手をぶらぶらさせてダイアモンドの空の下で踊るんだ
  海のシルエットになって サーカスの砂が回ってる
  波の深淵に追いやられた すべての記憶と運命と一緒に
  今日を忘れさせてくれよ 明日になるまでさ
[PR]
by ynfoil | 2013-06-27 03:54 | music | Comments(0)