奈良美智の日々

2015年 5月20日

最近、よく思う。
自分が子供の頃に聴いていた歌なんかのこと。
小学校の頃は、レコードなんて数枚しか買わなかった。
つか、買えなかった、のほうが正しいか。
お年玉をもらった正月明け、レコード屋さんに走った。

中学生になった頃から、とにかくおこずかいを貯めてはレコード買ってた。
高校生になってからは、参考書代やらなんやらもレコードにつぎ込んだ。
喫茶店でバイトして、レコードばっかり買ってた。
映画も観たが、映画館の息子から招待券もらって観てた。
ライブのチケットをさばいては、タダでライブも観てた。
勉強はしなかったが、遊びには熱心だった。

あの頃から少しづつ増えていったレコードたち。
気が付くと、おそろしい数になっていた。

たとえば今、CDラックに目をやると、ものすごい数のCDもあるけれど。
レコード、ってのは特別なんだ。


最近、音楽関係の番組に呼ばれたりするようになった。
たくさん聴いてきた音楽たちが、自分を助けてくれている。
中学の時からずっと聴き続けてきたレコードが、今の時代でまた歌う。

途方もない時間をレコードと共に過ごしてきた。
それは自分にとっての勉強でもあったのだと思う。
絵や写真や、創作に関わることすべてに、その時間の蓄積が影響している。
影響している、というよりは、助けてくれる、手を貸してくれる、だな。

子供の頃から、自分で勉強してきたってことだ。
学校で習ったことなんかじゃなくて、ひとりで自然に学んだことだ。
それが、自分の表現に幅を与えてくれていると思うのだ。
幅、というか・・・やっぱ幅か・・・。

美術を勉強するようになってから習うものは、大体みんな同じだ。
もしかしたら感性さえ、学校で習うものになってるのかもしれない。

僕は、子供の頃から音楽が傍にあってくれて、一緒に成長した。
それはとても幸運なことだった、と思ったりもする。
でも、創作活動をしている誰だって、そういう経験はしている。
自分は、小さい頃からの自分史を、創作に入れ込むことが出来た。
そうなんだ、創作に役立てられている、っとことが幸運なんだ。


今、庭の手入れをしたり、木々を育てたりしている。
制作そのものは以前ほど大切に感じられなくなった。
旅に出たり、森を作ろうとしたりしていることに喜びを覚える。
そして、レコードを聴きながら本を読んだりしている。

美術の世界というのは確かに存在している。
もちろん、自分もその中にいるんだろうけれど。
でも、その中にいるのは自分じゃなくて、作品たちなんだ。

自分が自分であることをわかりたくて、絵を描いてきた。
結果、自分をわからせてくれたのは、その絵に対するリアクションだった。


僕はここにいて、ここで生きている。
都市から離れて、ここで生きている。
街も好きだから、時々は街に行く。
人も好きだから、時々は人に会う。

知り合いは多いが、友達は少ない。
友達は少ない方が真実味がある。

20代で先生をしてた頃の生徒たちを想い出す。
あの頃の彼女のことも想い出したりする。
一緒に遊んだ連中のことも想い出す。
子供の頃の毎日も想い出している。

過去を遡っては懐かしむ。
それが、確かに自分の血となり肉となっていることを実感する。

そして、明日に目を向けるのだ。
生きているってことは、そこが大事なのだ。

そうやって暮らしている。
[PR]
by ynfoil | 2015-05-21 04:15 | 日記 | Comments(11)
Commented by かぴかぴ at 2015-05-21 11:13 x

なんだか、すべてがつながっていて一つになっているんだな~と感じました。
たしか『universe(宇宙)』って、uni(一つの)verse(歌)って意味だそうで。
奈良さんの書く文章も、奈良さんも、universeだなって思いました。
Commented by ぢゅんこ at 2015-05-22 00:33 x
この間ラジオを聞いてたら「今日のゲストさんの初めて買ったCDは?」と質問してて、そっかもう「初めて買ったレコードは?」の時代ではないんだ!?と世代交代を感じ、ならばその次のCDを買わなくなってる世代の子達には「初めてダウンロードした曲は?」の質問になるのかしらと… 
奈良さん世代の私ですから、初めて買ったレコードはハッキリ覚えてます(恥ずかしくて言えませんが)ただ、初めて買ったCDが何だったのか全く覚えておりません。奈良さんと違って真面目だった高校時代の私は、アルバイト禁止のため高価なレコードはなかなか買えず、もっぱらレンタルレコードでした!しかしレコード針が苦手な私は“借りたレコード盤には傷をつけてはいかん”というお店のお触れ(?)にビクビクしながら針を落として、カセットテープにダビングしてました。まあ結局はレコードではなく、カセットテープで聴いてたんですね(笑)
初めて借りた洋楽のレコードは確か“クリーム”の超サイケなジャケットだったはず、当時好きだった日本のバンドマンの好きなアルバムをルーツミュージックとして聴き始めたんでした♪ 一番衝撃だったアルバムジャケットはストーンズの確か「スティッキーフィンガーズ」でしたっけ?アンディー・ウォーホルがデザインした本物のファスナーが付いてるやつ!!! 
「雑誌でしか見たことのない名盤のジャケットが、今私の手元にある」束の間のレンタル1週間の思いでですね。
社会人になり自分の稼ぎでCDを買えるようになりましたが、東北は山形の田舎娘ですからタワレコやHMVなど洒落たショップはない為、お隣の仙台に行った時はCDの大人買いをしてましたね~
話が長くなってすみません、私にとって音楽とは“出会い”の様な気がします。お店に入ったらカッコイイ音が流れてきてその曲を調べたり、上質なアルバムのジャケットを見て買ってみたくなったり、好きなミュージシャンのオススメのCDを自分も聴いてみたくなったり、映画を見に行ったら自分の好きな音楽が使われてたり、偶然着けたラジオから懐かしい曲が流れてきたり、好きなバンドを見に行ったらライブ上手でますます好きになったり、たり、音楽にはきりがないです♪
Commented by とぅん at 2015-05-22 15:37 x
奈良さん。
私は平成生まれでまだ19年しか生きていませんが、
奈良さんの価値観というか、考え方、感覚に奈良さんが近代の作家にシンパシーを感じるように私もシンパシーをなんだか強く感じています。清志郎も大好きです。昔のロック、カントリー大好きです。(←けれど奈良さんにはとうてい及ばない気がします。なぜって現体験が全くないからですw知識の差がw)時代の隔たりはありますが、そこから見えてくるものもあります。たまに今生きている時代よりもリアルに感じることもあります。ですが、私が今生きているのは現在です。当然、キヨシローの話で盛り上がれる同級生はなかなかいません。一応私は美術を勉強していて同じような志を持つ仲間もいます。ですが、本当の意味で美術を語りあえる友達はほんの僅かです。というか、もしかしたらいないかもしれないです。私がいつも自然と教える側(?)、説明する側になってしまいます。私のことを理解してくれる人はたくさんいますが、私の言うことを本当の意味で理解してくれる人は実はいないのかもしれません。なんだか、寂しいです。それが最近のコンプレックスです。もしかしたら、その寂しさが自分を美術の道へ向かわせているのかもしれません。奈良さんを思い出すのも寂しい時が多いかもしれません。

なんだか、暗く終わってしまいましたがw
奈良さんに伝えたいのは、奈良さんが体験してきたこと、残してきたこと、これからしていくこと、その全てが必ず私たちのような人間の支えになっているということです。支えというか、もう心の一番深いところでずっと消えずに残っていくものなんだなと思います。なのでー…これからも変わらずに変わっていく奈良さんでいてほしいです。ずっとずっと楽しませてください!\(^o^)/
Commented by 竹内義直 at 2015-05-22 19:34 x
 名古屋の美術系予備校で奈良さんに出会わなかったら今の僕は絵を描いていなかったと思います。
 「イーゼル」のことを「ガーゼル」と言った僕に優しく「おしい」とほほえんでくれました。
 僕の絵を見せ、受験専攻を「油絵」にするか「日本画」にするかたずねたら、あっさり「油」と言ってくれたから、僕の楽しい大学生活が始まりました。
 あれから20年、遠くから見る奈良さんの姿はあのころのままです。そして、僕もなぜだか絵を描き続けています。
 いつか、実際にお会いしてお礼を言いたい。今も感謝の気持ちで一杯です。
Commented by utautori at 2015-05-22 20:53 x
生きてることは生かされてること、そんな単純なことを思いました。
大切な友達がひとりでもいること、好きなものに出会えること、幸せですね。
Commented by at 2015-05-23 01:31 x
奈良さん  こんばんは。
いつも、ツイッターやブログ読ませて頂いてます。
5月20日の日記、なんか、しみじみした気持ちになりました。
最近、奈良さんはこんな風に感じてらっしゃるんだ、こんな風に考えてらっしゃるんだ、と思いました。
「制作そのものは以前ほど大切に感じられなくなった」と書いてあるのを読んで、少し寂しく感じましたが、奈良さんは今そういう心境なんだなと思いました。
また、変化する時もありますよね。

「旅に出たり、森を作ろうとしたりしていることに喜びを覚える。」と書いてらっしゃって、先日、ワタリウムに展示を見に行かせて頂いたのですが、とても楽しく見させて頂きました。
今までは絵の展示を見せて頂くことが多かったので新鮮でした。写真、良かったです。レコードコレクションや奈良さんの本も楽しく見せて頂きました。
最終日まであと2日(今日と明日。24日まで)ですね。
もう一度見に行きたいです。
レコードジャケットですごくかわいいのがあって。確か白っぽいジャケットで、端のほうでママゴトをしている絵のがあって。
レコードジャケットを見ていて、すごく楽しくて、奈良さんが音楽やレコードジャケットから影響を受けてらっしゃるのが、感じられました。 
こういうところで、展示の感想、書かせていただくの変でしたらすみません。
「北へ」の旅まだ続きますかね?
楽しみにしています。

「自分の感覚って学生の時からあんまり変化ないな。」とツイッターの方で書いてらっしゃって、私も同じことを思うことがあります。
「変わらないね」ってよく言われます。それを嬉しく思うときもありますし、落ち込むこともありますし。

奈良さんの文章を読んで、ほっとしたり、なるほどと思ったり、いろいろと感じています。

Commented by Ryokocriedwolf at 2015-05-23 02:38 x
今朝、出勤途中に電車で奈良さんの日記を読ませていただいて、色んな思いで胸がいっぱいになり泣きベソのまま出社しました・・。

音楽って、大切に聴いてきたぶんだけその曲を聴いていたころの気持ちがメロディに刻まれるから、時間が経って聴いてもその当時の自分の感情をリアルに思い出しますよね。思い出すのが苦しい時もあるけど、確かにその苦しいことを乗り越えてきて今があるし、自分は今を生きている(これからも生きていく)って思えます。

いつだって音楽のなかの誰かが歌って私を助けてくれたし、さっき書いたみたいにここまで歩いてきた道のりを思い出させてくれたりするから前へ進める。音楽の愛し方や聴き方は聴く人の数だけあるだろうと思いますが、文章から奈良さんがほんとうに音楽を大切に思っていることが伝わるし、私はその気持ちにとても共感します。・・・奈良さんは「いっしょにすんなよ!」と思うかもしれないけど!

日記やツイートで書いてくださっているような奈良さんの思いは、奈良さんの絵からもとても強く感じます。だからこんなに好きなんだと思う。奈良さんの絵の子たちと会うとひとりぼっちじゃないって勇気が湧いてきます。哀しい時は励まされます。音楽がしてくれるのと同じように。直接伝えられないけど、いつも那須に向かって「ありがとうございますー!」って叫びたい気持ちでいます。

全部ひっくるめて奈良さんが大好きだから、森をつくっているときも、絵を描いているときも、何をしている奈良さんのことも応援しています。

明日は何を植えるんでしょうか?またツイートを楽しみにしていますね。すてきな文章、読ませていただいてありがとうございました :-)
Commented by ぴょん at 2015-05-23 10:40 x
レコードはとても高くて自分のお小遣いではなかなか買えませんでした。
だからこそ、手に入れたレコードは愛しく、音楽を聴くときはただ聴くことに全身を傾けていました。
レコードに針を落とす時の緊張感は神聖な儀式のようでもあり、今も懐かしく思い出されます。
感じることさえマニュアルの中に求めようとする今、自分の中で感じる力をはぐくんでこられた奈良さんの
濃密な時間はとても豊かで素晴らしく、ちょっとうらやましい気がします。
時間でも、場所でも、自分がニュートラルに戻れる場所があるのって素敵ですね。
Commented by ゆきこ at 2015-05-24 14:42 x
生きてゆくために大切なものは、誰かに与えられたものより、自らの方法で獲得したもの。
いつも身近にあるものに大切さを感じることは、新鮮味がなくてピンとこないことがあるけど…立ち戻る位置はやはりそこみたいな。
でも、みる角度や方向や気持ちをかえたら日々微妙に違うことに気付いたり。
で、嬉しくなったり、哀しくなったり。
ならさんの日記を読んでいて「…ぉ。」と感じたことでした。
Commented by まゆキース at 2015-05-25 08:26 x
昨日、チャボさんの番組出られてるの見ました。めちゃ、楽しかったです。聞いておられた曲はかすりもしてなかったですが。チャボさんの相の手が優しくて、詳しくて超カッコ良く、お二人のほのぼのした感じがよかったです。お兄ちゃんやらの会話聞いてる感じで。自分の買ったレコードとか、初めて行ったライブとか思い出しながら見るんですよね。ありがとうございました。レコード長いこと聞いてないな思って。自然に聞きたいなって思いました。
Commented by ゆきこ at 2015-05-28 21:35 x
美術手帖、立読みさせていただきました。
特別感のある、憧れる本です。
ならさんのレコードジャケットの話、わくわくと毎回(立ち)読みました。
どーれみなぁーあぁ♪このフレーズだけなら私もうたえます。
最終回はさみしいけれど、美術手帖はずっと特別な本です。