奈良美智の日々

1月31日

なんと!久々に午後6時、日没後に起床。よく寝たなぁ~。

それでも、いつものことだけれど、すぐには制作にとりかかれない。
4時間近く、スタジオの中で本を読んだりして、心と体のエンジンを温める。
それから冷静に絵を観て、頭の中で描くところをシミレーションしてみる。

しかし、ここまで出来てたら、あとはあんまり描かないほうがいいことは確かだ。
それ以上やっても劇的な変化が期待できないと思った時が、筆を置く時だ。
そうでもしなきゃ、また全部塗りつぶして、同じキャンバスで最初から描き始めることになる。

これはこれで完成として、次の絵に向かおうと常に自分に言い聞かせるのだ。

細部は絶対に描き込まない。描き込むことは自分の言いたい事を隠していく。
向かって右の眼のトーンをちょっと落として、完成。

これで、3月のLA個展の出品作は揃った。

この正面で動きの無いポートレイト絵画は、日々のドローイングの対極にある。
また、ビルボードという手法を取ることで、更にキャンバス絵画は動きの無い、対面型となった。

これからは、感情的なドローイングをなるたけ描かずに過ごしたい。
ドローイングでも、もっと絵画的な、というか思考的な展開ができたらいいなぁ。

そして絵の方は、もっとドローイング的な、かといって下書きのあるビルボードとは違う風に描いてみたい。
それはきっと、大学卒業の頃の画風に戻っていくようなことになるかもしれない。

自分史の中での新古典主義だ。

出来るかなぁ・・・きっと時間がかかるだろうなぁ・・・。
[PR]
by ynfoil | 2014-02-01 03:34 | 日記 | Comments(0)