奈良美智の日々

永遠なのか、ほんとうか?

それが始まりであるのか、終わりであるのか、
もう一晩、長い夜を越えないとわからないのだろうか、
そうすれば朝の陽の光と共に、この自分は話し始められるのだろうか。

この目の前を人たちは、流れるように通り過ぎていく。
この頭の上を人たちは、流れるように通り過ぎていく。

メディアの話に耳を傾けるのは、今年限りと決めていた。
自分だって、もっともっと、世間に対峙して、
オーディエンスに向けて、放つべきこともあっただろうに。

嗚呼!でも自分は、嫌なんだ。
奴らの茶化すような言葉や、空回りしている勉強不足の言葉たち。
こっちは喉元にナイフを突き付けられても、嘘笑いしてるっていうのに。

嗚呼!そういうことか。
一生懸命に身を削って考えた、血だらけのコントでみんなを笑わせる。
みんなに見えるのは、その笑いだけなのかもしれない。

嗚呼!それなら納得もいくし、自分も笑っていられる。
でも、自分が一緒に笑ったら、おしまいじゃないか。

ほんとにそうしたければ、よく調べればわかることなのに、
上っ面ばかりで、的外れなことばっかり言っている。
楽しそうな言葉を並べて、みんなで笑って楽しんでいる。

俺は、自分は、けっして楽しいなんて思ったことはない。
いっつも、楽しくないことを引き受けて、
楽しそうに笑っている人たちを眺めているのだ。

苦しむこと、それこそが、自分に課した自由への道なのだ。

・・・なんだか楽になっただろう・・・?
[PR]
by ynfoil | 2013-08-20 10:27 | 日記 | Comments(0)