奈良美智の日々

7月28日の森

ギィーギィーと、くちばしの長い鳥が、どこかで鳴いている。
昼でも薄暗い森の奥深く、枝から枝へと飛びまわっている。

木々はまっすぐに、空へ向かって伸びようとして、
枝たちは、横へ横へと光を求める。

木々は言う 「空へ空へと向かわなければ、横に伸びる枝たちが地面にくっついてしまう!」

枝たちは言う 「横へ横へと伸びなければ、木々は空へ向かうのを止めてしまう!」

実際には、けっしてそんな風なんかではなく、とてもいい塩梅に森は存在している。

自然の中の森は、人知れず気持ちの良い世界を作りあげているのだろう。
[PR]
by ynfoil | 2012-07-28 20:39 | 日記 | Comments(0)