奈良美智の日々

2009年 5月4日


さっきまでの青空は 暗い夜に反転してしまっている
時は曲がり角を曲がって 急に姿をあらわすものなのさ
この道がそこでおしまいだってことは知っている
賢い人々がいつも囁き合っているからね

一晩中踊り狂うことにも疲れ果て 過ぎゆく時をぼんやり感じている
重くなっていく瞼をなるたけ重力に逆らわせて 過ぎゆく時を瞳に映しているんだ

アーメン ソーメン 冷ソーメン




二階の窓から通りを見れば
頭の欠けた三日月猫と足の短い蛇腹犬

窓の向こうの風景が溶けだしていく
[PR]
by ynfoil | 2009-05-04 23:49 | 日記 | Comments(0)