奈良美智の日々

2015年 5月20日

最近、よく思う。
自分が子供の頃に聴いていた歌なんかのこと。
小学校の頃は、レコードなんて数枚しか買わなかった。
つか、買えなかった、のほうが正しいか。
お年玉をもらった正月明け、レコード屋さんに走った。

中学生になった頃から、とにかくおこずかいを貯めてはレコード買ってた。
高校生になってからは、参考書代やらなんやらもレコードにつぎ込んだ。
喫茶店でバイトして、レコードばっかり買ってた。
映画も観たが、映画館の息子から招待券もらって観てた。
ライブのチケットをさばいては、タダでライブも観てた。
勉強はしなかったが、遊びには熱心だった。

あの頃から少しづつ増えていったレコードたち。
気が付くと、おそろしい数になっていた。

たとえば今、CDラックに目をやると、ものすごい数のCDもあるけれど。
レコード、ってのは特別なんだ。


最近、音楽関係の番組に呼ばれたりするようになった。
たくさん聴いてきた音楽たちが、自分を助けてくれている。
中学の時からずっと聴き続けてきたレコードが、今の時代でまた歌う。

途方もない時間をレコードと共に過ごしてきた。
それは自分にとっての勉強でもあったのだと思う。
絵や写真や、創作に関わることすべてに、その時間の蓄積が影響している。
影響している、というよりは、助けてくれる、手を貸してくれる、だな。

子供の頃から、自分で勉強してきたってことだ。
学校で習ったことなんかじゃなくて、ひとりで自然に学んだことだ。
それが、自分の表現に幅を与えてくれていると思うのだ。
幅、というか・・・やっぱ幅か・・・。

美術を勉強するようになってから習うものは、大体みんな同じだ。
もしかしたら感性さえ、学校で習うものになってるのかもしれない。

僕は、子供の頃から音楽が傍にあってくれて、一緒に成長した。
それはとても幸運なことだった、と思ったりもする。
でも、創作活動をしている誰だって、そういう経験はしている。
自分は、小さい頃からの自分史を、創作に入れ込むことが出来た。
そうなんだ、創作に役立てられている、っとことが幸運なんだ。


今、庭の手入れをしたり、木々を育てたりしている。
制作そのものは以前ほど大切に感じられなくなった。
旅に出たり、森を作ろうとしたりしていることに喜びを覚える。
そして、レコードを聴きながら本を読んだりしている。

美術の世界というのは確かに存在している。
もちろん、自分もその中にいるんだろうけれど。
でも、その中にいるのは自分じゃなくて、作品たちなんだ。

自分が自分であることをわかりたくて、絵を描いてきた。
結果、自分をわからせてくれたのは、その絵に対するリアクションだった。


僕はここにいて、ここで生きている。
都市から離れて、ここで生きている。
街も好きだから、時々は街に行く。
人も好きだから、時々は人に会う。

知り合いは多いが、友達は少ない。
友達は少ない方が真実味がある。

20代で先生をしてた頃の生徒たちを想い出す。
あの頃の彼女のことも想い出したりする。
一緒に遊んだ連中のことも想い出す。
子供の頃の毎日も想い出している。

過去を遡っては懐かしむ。
それが、確かに自分の血となり肉となっていることを実感する。

そして、明日に目を向けるのだ。
生きているってことは、そこが大事なのだ。

そうやって暮らしている。



■  [PR]
# by ynfoil | 2015-05-21 04:15 | 日記 | Comments(11)

Ronnie Lane & the Band Slim Chance

NHK FMの深夜放送『夜のプレイリスト』っての、今週は自分がパーソナリティ。

今日はRonnie Lane、懐かしくも、いつも傍にある音楽のひとつだ。
いったい何人の人々が、この放送に耳を傾けてくれてるのかわからないけど、
こうして好きな音楽を紹介するのが昔から好きだった。

高校の時、中学の先輩とガレージを改装してロック喫茶を作った。
つうか、先輩が自分を誘ってくれたのがうれしかった。
その先輩は地元をベースに歌を歌ってた人で、10歳くらい年上だったかな。
彼が秋田とか仕事に行くときは、誘われてローディのようについてった。
今思えば、とても気に入られてたんだと思う。

店作りは、高校生の自分にはとても楽しくて、
板ガラスを切って窓枠作ってはめ込んだ。
木の板を彫り込んで看板を作った。(けど、盗られちゃったな!)
そんなDIYな感じが、後々grafの人々と小屋を作るプロジェクトに発展したのかな?
若い時の体験って、今思うと、そうだったんだ!って納得することばっかし。

そのロック喫茶は『33 1/3』という名前で・・・そう!LPレコードの回転数33 1/3 r.p.m。
僕はそこでレコードをかけたり、購入するレコードを選んだりしていたんだった。
これはどうだ!?っていうレコードかけて、音楽好きの大学生たちの反応を楽しんでた。
最初は好きでやってたんだけど、そのうちサーブなんかも手伝いし出して、バイト料もらってたっけ。

なんだか自分の店のようにふるまってた気がするけど、
高校を卒業してからは、田舎に帰ることもなくて疎遠になってった。

オーナーの先輩は、いつのまにか亡くなって、店も終わった。

僕は今も昨日のことのように思い出す。
先輩や面白い大人の人たちと一緒に店を作った日々を。
いろんなことが自分を作っている。

進学校の明るい落ちこぼれ。
ロック好きで女子大生好きの不良。
大学生相手のタメ口野郎。

高校生の時に、あがた森魚さんに会い、デビューしたての友川かずきさんにも会った。
ストリップ嬢のジローさんにも出会い、タコ八郎さんや、はみだし劇場の人々にも出会った。
ライブハウスでバイトして(つうか、チケットさばいて自分はタダで観てた)ミュージシャンたちにも会った。
どこにいても自分は一番年下で、みんな優しく接してくれてた。

上京して、いろんなことに出会っても、ちっとも驚かないくらいの経験を田舎でしてたんだな。

カッコいい大人たちに囲まれてたな・・・
あの時代、70年代って、やっぱ特別だ。
みんな羨ましがるだろうよ~。

あの頃、多感な10代で、ちょっと年上の変な大人たちに知り合えた。
・・・宝物って、そういうことなんだろうかなぁ~。

さてさて、昨日今日とラジオであの頃聴いてた曲をかけた。
明日も、あの頃、宝物のおすそ分けのように、喫茶店でかけてた曲を流そう。
つか、収録はすでに終わってるんだけどもさぁw

あ~~~俺って、ほんと、マジに深夜放送世代。
電波でもって交信したいぜ~~~~。

■  [PR]
# by ynfoil | 2015-05-06 04:08 | music | Comments(29)

5月5日 朝

相変わらず、絵はうまくいかないが、段ボールに描きなぐるタイプのものは、うまくいってくれてる。
Graham NashのWild Talesを聴きながら、B面1曲目grave concernから2曲目のOh! Camilが始まる時、
そのハーモニカの素朴な響きに、僕はどんなことでも話してしまいそうになる。
(そう簡単には、ここじゃ話せないけど・・・w)

複雑そうに思えていた世の中、つうか日本の社会が、驚くほど単純にこの眼に映る時があり、
どんな立場にいる人々も、基本的には自分と同じような感情を持っているのだと、ちょっと可笑しくなる。
そして、ちょっと笑った後に、安心と不安が同時にやってきて、僕は心臓が止まるかと思ってしまう。

Oh! CamilにはThe Winter Soldierって副題がついてた。

昨日・・・っていうか、今日の0時からNHK FMの『夜のプレイリスト』で、自分がレコードかけてる。
もごもごと、訛った語りでレコードを紹介している。
第一回はShirley Collins And The Albion Country Band / No Roses。
いろいろな想い出のシーンが、頭の中でグルグルと、ルーレットのように回転する。
嗚呼、そんなタイムマシーンは、33回転よりもずっと速くて、目が回るよ。






■  [PR]
# by ynfoil | 2015-05-05 05:16 | 日記 | Comments(4)

2015年 5月2日

アラバキは楽しかった~~~
ほんと、信じられない。
絵ばっか描いてきた自分が、
ミュージシャンたちから認知されてるなんて。

チャボさんは自分の番組に呼んでくれるし、(5/24 BSジャパン 23:00~)
いろんな人達から挨拶される・・・ ん~~~信じられん。

チャボさんの番組以外にもNHK FMの『夜のプレイリスト』にも登場。
5月5日(4日24:00~)から5夜に渡って放送する。
10代の時に聴いてたレコードから5枚。

自分以外の人に、どんなふうに聴こえるのかはわからないけれども、
繰り返し聴くほどに沁みてくる音楽であることは確かだと思う。

音楽関係だとメディアに出ちゃうなぁ・・・夢みたいでさぁ。

だって、美術じゃなくて、音楽関係の仕事につきたいって思ってた10代の自分。
だから、今もそういうところに夢を持って生きているのだろうな。

しっかし、最近の自分。
草木の世話や庭作りばっかりやってるな。
なんだか自由に(つうか、自分勝手に)行動してる。
なんにも縛られてないし、自分を縛り付けるものは拒否だ。

良い気になってるとか、何様だ!って、思う人もいるだろうな。
でもさ、世界にマーケットが出来たり、
いろんな展覧会に呼ばれるとか、そんなの望んだことなんてなかった。

ただただ、好きなことして生きていたいって思ってるのだ。
高校時代からなんにも変っていない。

あの(今は亡き先輩と作った)ロック喫茶のDJブースの中で、
好き勝手にレコードかけてた高校生の自分のままだ。
大学生たちから可愛がられて、楽しかった日々だ。
音楽が好きで好きでたまらなかった日々だ。
アイドルやなんかに興味なんて全くなくて、
ほんとに音楽漬けの日々だった。

あ、でも、しっかり女子大生と付き合ったりしてたな・・・

けれども基本はROCK! つうよりも『自由』だった。
『LOVE & PEACE !』だったんだな、今思えば。
あの頃、自分の世界は半径5km位で、その中で自由に生きてた。

戦争(太平洋戦争や朝鮮戦争、ベトナム戦争)に対するリアリティも無く、
音楽から、ちょびっと知る程度ではあった・・・。

今、人生の折り返し地点を過ぎて、バカな自分に笑いがこみあげてきたりもする。
バカみたいに幸せに生きてきたんだなぁ・・・と、実感している。

自分の作品のことを語るなんて、とんでもない!
語る必要がないように、ビジュアルで表現してきたんだ。

全ての人々に全然伝わらなくたって問題ないんだ。
その方が安心できるんだ。

■  [PR]
# by ynfoil | 2015-05-03 01:17 | 日記 | Comments(0)

4月16日

調子のいい嘘つきたちが 道端で囃し立ててる
上手くいってる時には 楽しく聞こえるもんさ
あいつらの誰だって 最後までは付いて来ないんだ

よ~く 伝えてくれよ うまい具合に

笑い合ってるみんなの顔が あっと言う間に凍りつく
馴れ合いの笑顔は 薄っぺらな仮面ってことさ
あいつらの誰だって 最後までは一緒じゃないんだ

よ~く 伝えてくれよ うまい具合に

明日の兵隊たちは 薄ら笑いで行進している
練習するってのはさ 本番が待ってるからさ
あいつらの誰だって 最後までは歩いてないんだ

よ~く 伝えてくれよ うまい具合に
よ~く 伝えてくれよ 何度でもさ
よ~く 伝えてくれよ 浮かれてる奴らにさ


■  [PR]
# by ynfoil | 2015-04-16 02:40 | 日記 | Comments(0)

4月14日 ソウルのホテルにて

窓の向こうは、小雨に霞んだ南山タワー。
淡い緑の中に、ぽつんぽつんと桜の花々。

こういう旅でのひと時は、自分を冷静にさせてくれる。

自分は初対面の人にでも、その人が近づいてきてくれたなら、
自分のすべてを、先に見せてしまうのではないか?

そうしていながら、はっと我に返り、自分の間抜けさを呪う。
この身の腑に落ちたように、終わらない歌が心の中で響いてる。

そしてまた、立ち上がればいいんだ。


終わらない歌    詞.曲 / 真島昌利


終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため
終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために
終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため
終わらない歌を歌おう 明日には笑えるように

世の中に冷たくされて  
一人ボッチで泣いた夜
もうだめだと思うことは  
今まで何度でもあった

真実の瞬間はいつも 
死ぬ程こわいものだから
逃げだしたくなったことは  
今まで何度もあった

なれあいは好きじゃないから 
誤解されてもしょうがない
それでも僕は君のことを 
いつだって思い出すだろう

終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため
終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために
終わらない歌を歌おう 一人ボッチで泣いた夜
終わらない歌を歌おう キチガイあつかいされた日々

終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため
終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために
終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため
終わらない歌を歌おう 明日には笑えるように

■  [PR]
# by ynfoil | 2015-04-14 16:47 | 日記 | Comments(0)

4月10日


香港の・・・フォッション・ウォークというモール。街中での広報物だけど、最近出来た。




なんだか面白い。見てみたい気もするけど・・・・まぁ、いいや。




■  [PR]
# by ynfoil | 2015-04-10 05:27 | 日記 | Comments(0)